QlikWorld 2020 Global Conference. Join us to discover how to get the most from your data. Act fast. Register now and save.

基本設定

[General] (基本設定)タブでは、ホスト名、ポート番号、ログ レベル、Directory Service Connector (DSC)、および QlikView Distribution Service (QDS) のソース フォルダ設定を管理できます。

クラスター

名前

QlikView Distribution Service (QDS) クラスターの名前です。編集するには、このテキスト ボックスに特定の名前を入力します。

追加

QDS ノードを追加するには、右側パネルの [Add] (追加)アイコン をクリックして以下の新しいテキスト ボックスを構成します。

  • URL
  • このテキスト ボックスに QDS へのパスを入力します。

    Example:  

    http://<mycomputer>:4720/qtxs.asmx

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 削除アイコン.

QDS の設定 (Settings for QDS)

Directory Service Connector

ドロップダウン リストの中から、接続する DSCを選択します。

Application Data Folder

QDS のデータが保存されているフォルダへのパスです。QDS がクラスターの一部である場合、このパスを変更する必要があります。インストール後の初期位置は、OS によって異なる可能性があります。

既定のパス: C:\ProgramData\QlikTech\DistributionService.

フォルダを選択するには、有効な絶対パスをこのテキスト ボックスに入力するか、 参照アイコン をクリックし、 [Choose Folder] (フォルダを選択)ダイアログでフォルダを選択します。

ログ レベル (Logging Level)

サービスのログ レベル。次のオプションを 1 つ選択します。

  • ログなし (No Logging)
  • 標準ログ (Normal Logging)
  • デバッグ ログ (Debug Logging)
注: デバッグ ログ レベルは、システム負荷が高くなるので注意が必要です。

セキュリティ

QDS のセキュアなソケット レイヤー通信を有効化するには、 [Use SSL for Distribution Service Communication] (配信サービス通信に SSL を使用)チェック ボックスをオンにします。

ソース フォルダ (Source Folders)

注: QlikView Server (QVS) のユーザー ドキュメント用のルート フォルダと QlikView Distribution Service (QDS) のソース フォルダが、同じパスを利用することはできません。

ドキュメント管理者のタスク トリガーの無効化 (Disable Task Triggers for Document Administrators)

QlikView Publisher (QVP) のすべてのドキュメント管理者が、タスクやトリガーの作成または編集時にトリガーを有効化できないようにするには、このチェックボックスをオンにします。すべてのドキュメント管理者がトリガーを有効化できるようにするには、このチェックボックスをオフにします。

QlikView Publisher ドキュメント管理者

追加

[Source Documents] (ソース ドキュメント)とは、配信された [User Documents] (ユーザー ドキュメント). [Source Folders] (ソース フォルダ)とは、 [Source Documents] (ソース ドキュメント)を含むフォルダで、パスやアクセス権限を設定できます。

ソース フォルダを追加するには、右側パネルの [Add] (追加)アイコン をクリックして以下の新しいテキスト ボックスを構成します。

  • パス (Path)
  • フォルダを選択するには、有効な絶対パスをこのテキスト ボックスに入力するか、 参照アイコン をクリックし、 [Choose Folder] (フォルダを選択)ダイアログでフォルダを選択します。

    インストール後の初期位置は、OS によって異なる可能性があります。

    既定のパス: C:\ProgramData\QlikTech\SourceDocuments.

  • ユーザーとグループ (Users and Groups)
  • それぞれ定義されたソース フォルダへのアクセス権を QlikView Publisher (QVP) ドキュメント管理者に与えるには、次のようにユーザーを追加または削除します。

    QlikView Publisher ドキュメント管理者

    ユーザーおよびグループを管理するには、 ユーザー管理アイコンをクリックします。 Add users icon.

    • デフォルトの範囲 (Default Scope)
    • ドロップダウン リストから検索するディレクトリを選択します。

    • ユーザーとグループの検索 (Search for Users and Groups)
    • ユーザーまたはグループを検索するには、このテキスト ボックスに検索したい用語を入力し、 検索アイコン .

      ユーザー管理検索機能

    • 検索結果
    • 検索結果 (Search Result)このボックスには、希望する条件を使った検索の結果が表示されます。

    • 追加 >
    • ユーザーまたはグループを追加するには、 検索結果ボックスでクリックしてこのボタンをクリックします。同時に複数のユーザーを追加できます。

    • [選択済みユーザー (Selected Users)]
    • このボックスには選択ユーザーとグループが表示されます。

    • 削除
    • ユーザーまたはグループの選択を解除するには、 [選択済みユーザー (Selected Users)]ボックスでクリックしてこのボタンをクリックします。同時に複数のユーザーの選択解除ができます。

    • << すべてを削除 (<< Delete All)
    • すべて すべてユーザーとグループを [選択済みユーザー (Selected Users)]ボックスから選択解除するには、このボタンをクリックします。

  • アラート メール
  • 設定されたドキュメント管理者にアラート メールを送信するには、チェックボックスをオンにします。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、 削除アイコン.

注: QDS のエントリを停止するには、QlikView Management Console の QDS 停止ボタンを使用します。これにより、猶予時間の間にタスクの実行を完了させてからサービスを停止できるようになり、QDS はより管理された形でシャットダウンします。参照先 では、