QlikView の起動

スタート メニュー、プログラム から、もしくはQlikView ドキュメントをダブルクリックして QlikView を起動します。

コマンド ラインから QlikView を起動する場合は、次のセクションで説明するパラメータを使用します。

コマンド ライン構文

QlikView のコマンド ライン呼び出しは、次の構文で記述できます。

[ path ]Qv.exe[ { switch } documentfile ]

path は、ファイルのパスを現在のディレクトリへの絶対パスまたは相対パスで指定します。

documentfile::= [ path ] documentfilename

documentfilename は、ドキュメント ファイルの名前です。

switch は、以下のさまざまなオプションを示すために使用します。

/r

スイッチをリロードします。ドキュメントが開かれ、スクリプトがリロードされます。その後、ドキュメントが保存され、QlikView は自動的に閉じます。

/rp

上記と同じですが、リロードを部分的に行います。

/l

新しいデータをロードします。ドキュメントが開かれ、スクリプトがリロードされます。ドキュメントは保存されず、QlikView は閉じません。

/lp

上記と同じですが、リロードを部分的に行います。

/v

このスイッチが変数名と代入式の直後にある場合、スクリプトの実行を開始する前に、代入された値が変数によって取得されます。

注: /v が /nodata と共に使用される場合は、この変数は現在の値を保持し、代入された値を取得することはありません。

/nodata

テーブルと項目のデータを含まずにドキュメントを開きます。この機能は、[スタート] ページの [最近使用したドキュメント] でも使用できます。

/NoSecurity

悪意のあるマクロやスクリプトに対抗するために QlikView ドキュメントに埋め込まれている QlikView セキュリティ対策を無効にします。害を及ぼす可能性があるコードを受け付けるかどうかをユーザーに確認する警告ダイアログは表示されません。このスイッチは、既知のドキュメントに対してのみ慎重に使用してください。

Example:  

qv.exe /r/vMyvar=123 abc.qvw

注:

バッチ モードでスクリプトを実行する際にエラー メッセージが表示されないようにするため、スクリプトのスクリプト変数 errormode は必ず 0 に設定してください。

エラー変数