TDIST - スクリプトおよびチャート関数

TDIST() は、スチューデント t 分布における確率を返します。ここでの数値は t の計算値であり、これに対して確率が計算されます。

Syntax:  

TDIST(value, degrees_freedom, tails)

Return data type: 数値

Arguments:  

引数 説明
value 分布を評価する値。負の値でないことが条件です。
degrees_freedom 自由度を数値で示す正の整数です。
tails 1 (片側分布) または 2 (両側分布) のどちらかです。

この関数は、次のように TINV 関数に関連します。
If prob = TDIST(value, df ,2), then TINV(prob, df) = value

Limitations:  

すべての引数は数値でなくてはなりません。数値でない場合は NULL が返されます。