MissingCount - スクリプト関数

MissingCount() は、group by 句で定義された数式で集計される欠損値の数を返します。

Syntax:  

MissingCount ( [ distinct ] expr)

Return data type: 整数

Arguments:  

引数 説明
expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
distinct 数式の前に distinct という用語が付いている場合、重複はすべて無視されます。

Examples and results:  

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

結果

Temp:

LOAD * inline [

Customer|Product|OrderNumber|UnitSales|UnitPrice

Astrida|AA|1|4|16

Astrida|AA|7|10|15

Astrida|BB|4|9|9

Betacab|CC|6|5|10

Betacab|AA|5|2|20

Betacab|BB||| 25

Canutility|AA|||15

Canutility|CC| ||19

Divadip|CC|2|4|16

Divadip|DD|3|1|25

] (delimiter is '|');

MissCount1:

LOAD Customer,MissingCount(OrderNumber) as MissingOrdersByCustomer Resident Temp Group By Customer;

 

Load MissingCount(OrderNumber) as TotalMissingCount Resident Temp;

Customer MissingOrdersByCustomer

Astrida 0

Betacab 1

Canutility 2

Divadip 0

 

2 番目のステートメントの結果:

TotalMissingCount

3

この軸を有するテーブル。

Temp テーブルが前の例のようにロードされた場合:

LOAD MissingCount(distinct OrderNumber) as TotalMissingCountDistinct Resident Temp;

TotalMissingCountDistinct

1

OrderNumber 欠損値が 1 つのみのことが理由。