選択されている項目値のロック

除外されている項目値を選択すると、新しい選択と競合する前の選択は取り消されます。このように前の選択が取り消されることを防ぐには、[オブジェクト] メニューを開いて [ロック] コマンドを選択し、リスト ボックス内のすべての選択をロックします。

前に設定したロックを解除するには、リスト ボックスの [オブジェクト] メニューを開き、[アンロック] を選択します。すべての選択全体に対する一般的なロックとアンロックは、[選択] メニューから実行できます。

他の項目でロックされている選択と競合する値を選択しようとすると、選択は失敗します。

リスト ボックス、マルチ ボックス、スライダー オブジェクトの [ロック項目の上書き] 設定により、項目内のロックされている選択を特定のシート オブジェクトから上書きできます。その項目は、他の項目での選択による論理的な変更に対してはロックされます。スライダー オブジェクトでは、このオプションは、デフォルトでオンになっています。