ライセンス認証ファイル エディタ

ここでは、ライセンス認証ファイルを表示または編集できます。

現在のライセンス キーは、QlikView ライセンスのシリアル番号で、通常プログラムをインストールするときに入力します。It may also be entered or edited at a later time from the User Preferences: [ライセンス (License)] ダイアログライセンス キーなしに QlikView を起動することも可能です。この場合、QlikView サーバーからライセンスを付与されている (Named CAL) か、またはパーソナル エディションの QlikView を使用しているかのどちらかになります。

現在のライセンス認証ファイルは、ライセンス キーをアクティブ化 (有効化) するために必要な、インストール済みライセンスに関連する情報を含むテキスト ファイルです。ライセンス キーがあってもこのテキスト編集ボックスが空の場合、コンピュータがインターネットに接続されていることを確認し、下にある ライセンス認証サーバーに接続 ボタンをクリックします。

ライセンス認証ファイルのトラブルシューティング

ライセンス認証ファイル (LEF ファイル) は、QlikView ライセンス キーの有効性を確認するために必要です。ライセンスの初期化中に、インターネットを介して Qlik LEF サーバーに接続し、指定されたライセンス情報が確認されると、LEF ファイルが自動的にコンピューターに転送されます。通常の環境では、LEF 手続きはバックグラウンドで実行されるため、その実行に気付くことはほとんどありません。ただし、LEF サーバーに接続できない場合やファイアウォールによって LEF ファイルの転送が妨げられた場合は、この手続きが失敗することがあります。このようなことが起こると、[ライセンス認証 未完了] ダイアログが表示され、発生した問題について知らせてくれます。

有効な LEF ファイルを取得する権利があるのに通常の手続きでは取得できない場合は、代わりに Qlik サポートから直接取得できます。テキスト ファイルを LEF エディタに直接コピーする場合は、テキストの末尾に空白が含まれないようにしてください。

QlikView 設定ファイル

QlikView の設定はすべてレジストリではなくファイルに保存されます。ini ファイルは、C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\QlikTech\QlikView にあります。

QlikView OCX の設定も同じファイルにあります。