[レイアウト] メニュー

レイアウト メニューは画面上にあるドロップダウン メニューで、以下のコマンドが含まれます。

シートの追加 新しいシート オブジェクトを表示できるタブ付きシートを追加します。
QlikView Server でドキュメントを操作している場合でも、新しいシートをレイアウトに追加できます。
シートを左へ 現在のシート (のタブ) を 1 つ左 (前) に移動します。
シートを右へ 現在のシート (のタブ) を 1 つ右 (後ろ) に移動します。
シートの削除 アクティブなシートとその上にあるものをすべて削除します。
リスト ボックスの追加 [シート プロパティ] ダイアログの [項目] ページを開きます。リストからひとつ、もしくは複数の項目名を選択できます。選択された項目は、アクティブなシートにデフォルト設定のリストボックスとして表示されます。リスト ボックスに特定のプロパティを設定するには、右クリックして表示されるメニューから (もしくはメイン メニューの [オブジェクト] から) プロパティ を選択します。このコマンドは、QlikView Server でドキュメントを操作している場合は、使用できません。
シート オブジェクトの追加 カスケード メニューが開かれ、さまざまなシート オブジェクトの作成を選択できます。オブジェクトが作成されると、対応する [プロパティ] ダイアログが表示され、新しいオブジェクトを設定できます。
QlikView Server でドキュメントを操作しているときでも、以下の場合には新しいシート オブジェクトをレイアウトに追加できます。
a) ラインセンが有効
b) サーバー ドキュメントがサーバー オブジェクトを許可するように設定されている
c) QlikView Server がサーバー オブジェクトを許可するように設定されている
シート オブジェクトの整列 アクティブなシート上にシート オブジェクトを自動的に配置します。
オフ スクリーン オブジェクトを整列する QlikView ウィンドウの表示領域より外側にあるすべてのシート オブジェクトを表示領域の内側に配置し直します。
配置/整列 シート オブジェクトの配置は、 左揃え中央揃え などいくつかある設定で決定できます。