ファイル ウイザード: オプション

ファイル パラメータ

ラベル テーブルの 1 行目に項目名 (列ヘッダー) が格納されている場合、このコントロールを 先頭行 に設定する必要があります。[DIF] 形式では、項目名を明示的にも指定できます。その場合、このコントロールを 明示的 に設定する必要があります。テーブルに項目名が含まれていない場合、なし を使用する必要があります。

条件節

Where 条件 [Where 条件式] ダイアログが開かれ、load ステートメントの where 句を作成できます。
クリア クロス テーブルの where 条件の変換を取り消します。

接頭辞

Crosstable [Crosstable] ダイアログが開かれ、クロス テーブルを 3 列 (またはそれ以上) テーブルに変換するためのパラメータを設定できます。
階層構造 [階層構造] ダイアログが開かれ、階層テーブル (パラメータはロード スクリプトに丸括弧で表示されます) のためのパラメータを設定できます。
クリア クロス テーブルまたは階層構造テーブルの変換を取り消します。

クロス テーブル変換と where 句の両方が使用されている場合は、where 句が先に評価されます。したがって、クロス テーブルから変換後に where 句を適用することはできません。ただし、既に変換済みのテーブルに where 句を適用する必要がある場合は、一時的なテーブルを持つ構造が問題を解決します。

TempTable: Crosstable (…) Load … from …;

RealTable: Load … resident TempTable where …;

Drop Table TempTable;