データ リンク プロパティ

このダイアログは、OLE DB データ ソースへの接続 (通常は ODBC 経由) の作成に使用します。このダイアログは、[スクリプトの編集] ダイアログの [ツール] パネルの データ ページで [接続...] ボタンをクリックすると開きます。

最初のページは、OLE DB プロバイダの名前をリストします。ODBC データ接続を作成するには、[OLE DB Provider for ODBC Drivers] を選択し、[次へ>>] をクリックして [接続] ページに移動します。

[接続] ページの [1. データ ソースを指定します] で、設定済みデータ ソースの中からデータ ソースを選択します。問題になる可能性がある ODBC データ ソースが 2 種類あります。

定義済みのデータ ソース

データ ソース名を使用する ラジオ ボタンを選択すると、定義済みの ODBC データ ソースにアクセスできます。ドロップダウン リストには、定義されているすべてのデータ ソースが含まれます。使用するデータ ソースを選択します。

必要に応じて、データ ソースの ユーザー名パスワード を指定できます。接続のテスト ボタンを押して、接続をテストすることもできます。

最後に [OK] ボタンをクリックします。connect ステートメントの準備ができました。

ODBC データ ソースの作成

汎用的なデータ ソース

汎用的なデータ ソースは、データベース ファイルなどで使用されます。汎用的なデータ ソースを使用する場合または新しいソースを作成する場合は、接続文字列を使用する ラジオ ボタンを選択して ビルド をクリックします。これにより、[データ ソースの選択] ダイアログが開きます。

There are two types of data sources available: ファイル データ ソースとコンピュータ データ ソースの 2 種類を使用できます。コンピュータ データ ソースは、ローカル マシンおよびユーザー専用で、ファイル データ ソースは、ファイル専用です。2 つのうちどちらでも使用できます。それぞれが データ ソースの選択 ダイアログで個別のページを持ちます。

汎用的なデータ ソースは、データベース ファイルなどで使用されます。汎用的なデータ ソースを使用する場合または新しいソースを作成する場合は、[接続文字列を使用する] ラジオ ボタンを選択して [ビルド] をクリックします。これにより、[データ ソースの選択] ダイアログが開きます。

There are two types of data sources available: ファイル データ ソースとコンピュータ データ ソースの 2 種類を使用できます。コンピュータ データ ソースは、ローカル マシンおよびユーザー専用で、ファイル データ ソースは、ファイル専用です。2 つのうちのいずれかを使用します。それぞれが データ ソースの選択 ダイアログで個別のページを持ちます。

データ ソースをダブルクリックし、開いたダイアログで適切なデータベース ファイルを参照します。

注: MS Access データ ソースの場合は、途中で表示されるダイアログで [データベース] ボタンをクリックする必要があります。

RETURN キーを押すと、[データ リンク プロパティ] ダイアログの 2 番目のページに戻ります。

必要に応じて、データ ソースのユーザー名パスワードを指定します。接続のテスト ボタンを押して、接続をテストすることもできます。

最後に [OK] ボタンをクリックします。connect ステートメントの準備ができました。