現在の選択条件

選択表示ウィンドウ では、選択値が項目名と項目値にリストされます。このウィンドウは常にシートの上に配置され、ドキュメントの選択状態を把握するのに役立ちます。[状態] 列で、インジケータ は、選択値とロック値を区別するために使用されます。[表示] メニューまたはツールバーの [選択表示ウィンドウ] ボタンから開きます。

強調表示されている項目がない状態で [現在の選択条件] ウィンドウ内を右クリックすると、次のコマンドを含むフロート メニューが表示されます。

すべての選択をクリア ドキュメントのすべての選択値を選択解除します。
選択値をすべてロックする ドキュメントのすべての選択値をロックします。
すべてをアンロック ドキュメントのすべてのロックされている値をロック解除します。
データ ドキュメントのすべての選択値の名前と選択されている項目の名前をクリップボードにコピーします。

選択表示ウィンドウ は、サイズ変更可能であるということとドキュメントの作業中に開いたままにできるという点でシート オブジェクトと同じです。現在の QlikView ドキュメントを閉じても、これは開いたままになり、その内容は別のドキュメントが開かれると変更されます。シート オブジェクトと同様に、新しい選択が行われると即座に動的に更新され、現在の選択の概要をいつでも把握できます。

[選択表示] ウィンドウに表示されるユニークな選択値の最大数は、[ユーザー プロパティ] ダイアログで指定されます。選択する値が多くなると、各々の項目について「x 項目:y」と表示されます。

[AND] ボックスでの選択では、それが選択か除外かによって & または ! が先頭に表示されます。

注: 検索により項目内で選択を行った場合は、項目値として検索文字列が表示されます。