色の設定

QlikView レイアウトの色を使うほとんどの面は、[色の設定] ダイアログで設定できます。領域全体をカバーする単色やグラデーション効果を指定します。下に記述されたグラデーションのオプションは、テキストの色などいくつかの目的には利用できず、ダイアログで灰色表示されます。

単色 一律の [基本色] を使用する基本オプション。
1 色グラデーション このオプションでは、 明るさ の変化を使用して 1 色グラデーション効果を作成します。
2 色グラデーション 色のグラデーション効果は、[基本色] と指定した [第 2 色] の間で作成されます。

色は、基本色 グループと 第 2 色 グループで、固定もしくは計算に指定できます。

ダイアログでは、いずれの色設定もプレビュー表示されます。

基本色 グループでは、単色およびグラデーションの基本色を決定します。

固定 ひとつの基本色を指定します。色を変更するには、色付きボタンをクリックします。
計算 色は数式から動的に計算することもできます。数式は有効な色表現でなければなりません。カラー関数を使用して作成します。[...] ボタンをクリックすると、完全な [数式の編集] ダイアログが開かれ、長い数式を簡単に編集できます。数式の結果が有効な色表現でない場合は、プログラムはデフォルトで黒を使用します。
明るさ 1 色グラデーション を使用する場合、このスライダでグラデーションの対極における色の相対的な影 / 明るさを決定します。このスライダー設定は、暗い (左) から明るい (右) となります。設定の中央位置は、同一色と解釈されます。

第 2 色 グループでは、 2 色グラデーションの 2 つ目の色を決定します。

固定 ひとつの基本色を指定します。色を変更するには、色付きボタンをクリックします。
計算 色は チャートカラー関数を使用して、数式から動的に計算することもできます。

[1 色グラデーション] または [2 色グラデーション] を選択すると、グラデーション効果の方向が [グラデーション スタイル] グループの設定に基づいて決まります。水平垂直 などのスタイルとグラデーションの方向を示す 4 つのボタン エリアとを組み合わせて異なる結果を実現します。

See also: