RangeSum - スクリプトおよびチャート関数

RangeSum() は、数値の範囲の合計を返します。+ 演算子とは異なり、数値以外の値はすべて 0 として処理されます。

Syntax:  

RangeSum(first_expr[, Expression])

Return data type: 数値

Arguments:  

この関数の引数式には、レコード間関数を含めることができます。これらの関数は、その内部で値リストを返します。

引数 説明
first_expr 合計の対象となるデータが含まれている数式または項目。
Expression 合計の対象となる追加データが含まれている任意の数式または項目。 複数の追加の数式を使用できます。

Limitations:  

RangeSum 関数は、+ 演算子と違い、数値以外の値をすべて 0 として扱います。

Examples and results:  

結果
RangeSum (1,2,4)

7 を返します

RangeSum (5,'abc') 5 を返します
RangeSum (null( ))

0 を返します

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

RangeTab3:

LOAD recno() as RangeID, Rangesum(Field1,Field2,Field3) as MyRangeSum INLINE [

Field1, Field2, Field3

10,5,6

2,3,7

8,2,8

18,11,9

5,5,9

9,4,2

];

結果テーブルには、テーブルの各レコードに対する MyRangeSum の戻り値が表示されます。
RangeID MyRangeSum
1 21
2 12
3 18
4 38
5 19
6 15

数式を用いた例:

RangeSum (Above(MyField,0,3))

現在の行とその上の 2 つの行から MyField) 関数の 3 つの値の合計が返されます。3 番目の引数に 3 を指定すると、Above() 関数は、上に十分な行のある場所に 3 つの値を返し、RangeSum() 関数への入力として取得されます。

例で使用されているデータ:

ヒント: このような場合、集計エラーを防ぐため MyField によるソートは無効にしておきます。
MyField RangeSum(Above(MyField,0,3))
10 10

2

12
8 20
18 28
5 31
9 32

例で使用されているデータ:

RangeTab:

LOAD * INLINE [

MyField

10

2

8

18

5

9

] ;