RangeCount - スクリプトおよびチャート関数

RangeCount() は、数式または項目に含まれる文字列と数値の療法を含む数値を返します。

Syntax:  

RangeCount(first_expr[, Expression])

Return data type: 整数

Arguments:  

この関数の引数式には、レコード間関数を含めることができます。これらの関数は、その内部で値リストを返します。

引数 説明
first_expr

計算の対象となるデータが含まれている数式または項目。

Expression

計算の対象となるデータ範囲が含まれている任意の数式または項目。

Limitations:  

NULL 値はカウントされません。

Examples and results:  

結果
RangeCount (1,2,4)

3 を返します

RangeCount (2,'xyz')

2 を返します
RangeCount (null( )) 0 を返します
RangeCount (2,'xyz', null()) 2 を返します

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

RangeTab3:

LOAD recno() as RangeID, RangeCount(Field1,Field2,Field3) as MyRangeCount INLINE [

Field1, Field2, Field3

10,5,6

2,3,7

8,2,8

18,11,9

5,5,9

9,4,2

];

結果テーブルには、テーブルの各レコードに対する MyRangeCount の戻り値が表示されます。
RangeID MyRangeCount
1 3
2 3
3 3
4 3
5 3
6 3

数式を用いた例:

RangeCount (Above(MyField,1,3))

MyField の 3 つの結果に含まれる値の数が返されます。Above() 関数の 2 番目および 3 番目の引数として 3 を指定すると、十分な行のある現在の行の上 3 項目からの値が返され、RangeSum() 関数への入力として取得されます。

例で使用されているデータ:

MyField RangeCount(Above(MyField,1,3))

10

0
2 1
8 2
18 3
5 3
9 3

例で使用されているデータ:

RangeTab:

LOAD * INLINE [

MyField

10

2

8

18

5

9

] ;