アップグレードと移行

QlikView Server をアップデートする場合、以下の基本原則を考慮する必要があります。

  • 主なログや設定ファイル、ドキュメント フォルダを含む現在の QlikView データ ディレクトリをバックアップしておきます。ファイルは通常、%ProgramData%\QlikTech に保存されます。
  • 予定された停止期間中にアップグレードを実行します。アップグレードを実行するには QlikView Server が停止している必要があります。
  • デフォルトでは、QlikView Server を削除するとライセンス情報と設定内容が保存されるよう設定されています。この情報は、後にそのシステムにインストールされる QlikView Server に適用されます。
  • デジタル証明書認証を QlikView サービスの通信に使用している場合は、アップグレード時に作成される新しい証明書をインストールする必要があります。「証明書の更新」を参照してください。

注: インストールは QlikView Server のベータ バージョンや Release Candidate バージョンからのアップデートをサポートするものではありません。

QlikView Server をインストールするには次の手順に従います。

  1. QlikView Server の現在のリリースと QlikView サーバーに関連する現在使用されているすべてのファイル (HTML ページ、QlikView ドキュメント、ライセンス ファイル、QlikView サーバーの .share ファイルなど) のバックアップ メディアが存在することを確認します。
  2. QlikView Server をインストールします。

複数のマシンをアップグレードする場合

複数のマシンにインストールしたサーバーをアップグレードする場合は、バージョンを混在させることはできないため、特別な準備が必要です。

シンプル アップグレード

この手順はリスクが低く特別な準備も不要ですが、場合によってはシステム ダウンが発生することがあります。

シンプル アップグレードを実行するには次の手順を実行します。

  1. バックアップを実行します。
  2. 参照項目: アップグレードと移行

  3. 各マシンで実行中のサービスをすべて停止します。
  4. 各マシンのサービスを必要に応じアップグレードします。
  5. 各マシンですべてのサービスを起動します。

証明書の更新

アップグレード時に作成される新しい証明書を、QlikView サービスが動作するマシンにインストールする必要があります。QlikView Management Service が動作するマシンに証明書をインストールする必要はありません。

次の手順を実行します。

  1. QMC を開きます。
  2. [状態] タブをクリックし、次に [サービス (Services)] をクリックします。
  3. すべてのサービスが切断されていることを確認します。
  4. [システム] タブをクリックし、次に [設定 (Setup)] をクリックします。
  5. サービスを選択したら、そのサービスの [基本設定] タブをクリックします。
  6. ウィンドウ右下の [適用] ボタンをクリックし、指示に従って証明書をインストールします。
  7. 完了したら、[状態] タブの [サービス (Services)] に戻って、サービスが動作していることを確認します。

アップタイムの最大化

この手順には多少の準備が必要ですが、実行すると (エンド ユーザーの観点から見た) システムのアップタイムを最大化できます。

アップグレードを実行するには次の手順を実行します。

  1. バックアップを実行します。
  2. 参照項目: アップグレードと移行

  3. QMS を停止します (つまり、QMC を利用不可状態にします)。
  4. 次の順序でアップグレードします (インストーラーにサービスの再始動を依頼)。
    1. Web サーバー
    2. Directory Service Connector (DSC)
    3. QlikView Server (QVS)
    4. QlikView Distribution Service (QDS)
    5. QMS
  5. QMS を起動します (つまり、QMC を利用可能状態にします)。

新しいマシンへの移行

この他に、新しいサーバーに新たな環境を構築する方法があります。

新しいマシンへの移行を実行するには、以下の手順を実行します。

  1. 新しいマシン上に、実行中の QlikView Server のライセンス バージョンをインストールします。
  2. 新旧両方のマシンですべての QlikView サービスを停止します。
  3. 新しいマシンで、%ProgramData%\QlikTech\ManagementService\QVPR フォルダーを削除するか、または名前を変更します。
  4. 新しいマシンで、%ProgramData%\QlikTech\ManagementService\qvpr_<NewMachineName>.ini ファイルを削除するか、または名前を変更します。
  5. QVPR フォルダと .ini ファイルを元のマシンからそのままの状態で (フォルダ名を変更せずに) 新しいマシンにコピーします。
注: すべてのQlikViewサーバーは、同じ地域設定である必要があります。地域設定が異なると、QlikView XML参照ファイルのロード時にエラーが発生する場合があります。
  1. .ini ファイルの名前を変更します (つまり、qvpr_<OldMachineName>.iniqvpr_<NewMachineName>.ini に変更します)。
  2. QVPR .xml ファイル内で <OldMachineName> を参照している部分を <NewMachineName> に変更します。
  3. 新しいマシンで QlikView サービスを起動します。
  4. QMC でソース フォルダのパスを正しいフォルダに変更します (これを実行しないとタスクを編集できません)。
  5. 元のマシンをシャット ダウンします。