QlikView Publisher のリポジトリ

概要

実行可能ファイル -
データ %ProgramData%\QlikTech\ManagementService\QVPR
リッスン ポート -
使用/コントロール -
利用者 QMS

ファイル

デフォルトでは、QlikView Publisher Repository (QVPR) は XML ファイルのセットです。このファイルは、.zip ファイルとして %ProgramData%\QlikTech\ManagementService\QVPR\Backups にバック アップされます。

セキュリティ グループ

QlikView Server/Publisher をインストールすると、2 つのセキュリティ グループが作成されます。

QlikView Server/Publisher のサービスは、QlikView Administrators セキュリティ グループに属するアカウントで実行する必要があります。QMC に接続するユーザーはこのグループに属している必要があります。リモート サービスに接続するユーザーも QlikView Administrators に属している必要があります。

API を介して接続するユーザーは、QlikView Management API セキュリティ グループに属している必要があります。グループはインストールにより作成されないため、手動で追加およびデータの投入 (QlikView Administrators グループのメンバーなど) を実行する必要があります。別の QlikView Server/Publisher からタスクをインポートするには、このグループのメンバーシップが必要です。

QlikView EDX セキュリティ グループはインストールにより作成されないため、ユーザーが EDX タスクを実行するには手動で追加 (およびデータを投入) する必要があります。

ドキュメント管理者

QlikView Administrators グループに属さないユーザーにタスク作成の責任を委譲する場合、ユーザーをドキュメント管理者に指定できます。ドキュメント管理者に指定されたユーザーは、ユーザー ドキュメントまたはソース ドキュメントのいずれかに関連する QMC のタブにのみアクセスできます。

注: ドキュメント管理者機能を使用するには QlikView Publisher ライセンスが必要です。

ドキュメント管理者の指定に関する詳細は、QMC オンライン ヘルプを参照してください。

設定ファイル

注: このセクションで説明されているパラメータを設定するには QMC を使用します。設定ファイルを直接変更すると、問題の原因になる可能性があるためです。

Management Service – QVManagementService.exe.config

このファイルは、デフォルトでは %ProgramFiles%\QlikView\Management Service にインストールされます。このファイルには自動生成された修正不可のタグが多数含まれますが、次の設定は修正可能です。

設定 説明
ApplicationDataFolder ログ フォルダやその他のすべてのファイル/フォルダが作成されるフォルダ。デフォルト値は %ProgramData%\QlikTech\ManagementService です。このフォルダには、XML 版の QVPR と LEF 情報が保存されます。
UseHTTPS Trueに設定すると、https を介して通信が行われます。この設定を有効化するには、ウェブ サイトの証明書が必要です。
Trace デバッグのログ取得に使用されます。
QMSBackendWebServicePort バックエンドで Management Service が通信を行うポート。デフォルト値は 4799 です。
QMSFrontendWebServicePort フロント エンドで Management Service が通信を行うポート。デフォルト値は 4780 です。
MaxLogRecords そのタスクで取得されるべきログの最大レコード数。
EnableAuditLogging Trueに設定すると、a) システム内で行われるタスクおよび設定の変更、b) 変更の実行者、c) 変更の実行日を記録します。
AuditLogFolder 監査ログを保存するフォルダへのパス。
AuditLogKeepMaxDays それぞれのログが保存される最大日数。

参照項目:

 
  • %ProgramFiles%\QlikView\Distribution Service
  • 参照項目:

  • %ProgramFiles%\QlikView\Directory Service Connector\QVDirectoryServiceConnector.exe.config
  • 参照項目:

Distribution Service – QVDistributionService.exe.config

設定 説明
ApplicationDataFolder ログ フォルダやその他のすべてのファイル/フォルダが作成されるフォルダ。デフォルト値は %ProgramData%\QlikTech\DistributionService です。このフォルダには、XML 版の QVPR と LEF 情報が保存されます。
WebservicePort QlikView Distribution Service が通信に使用するポート。デフォルト値は 4720 です。
UseHTTPS Trueに設定すると、https を介して通信が行われます。
DSCAddress Directory Service Connector サービスが通信に使用するポート。デフォルト値は 4730 です。値を変更する場合は、QVDirectoryServiceConnector.exe.config ファイル内の「DSCAddress」タグも同様に変更する必要があります。
DSCTimeoutSeconds Directory Service Connector の呼び出しのタイムアウト。
DSCCacheSeconds Directory Service Connector からの応答をサービスがキャッシュする時間。
QlikViewEngineQuarantineTimeInms 許可される QlikView Engine の起動頻度 (ミリ秒単位)。
OpenDocumentAttempts 配信時にドキュメントを開く試行回数。これを過ぎるとエラーとして記録されます。
DebugLog Trueに設定すると、「Error」ログでメモリ使用量やスタック トレースのログが有効になります。
Trace Trueに設定するとデバッグのログが有効になります。
EnableBatchMode

この設定を有効にすると、バッチが QlikView Distribution Service を呼び出すよう設定できます。

参照項目: QlikView Distribution Service

ServiceStopGracetimeInSeconds

QMC から QDS の停止要求が出されたときに、QlikViewDistribution Service (QDS) で実行中のタスクを完了させるための猶予時間 (秒)。

既定値は 1800 です。

参照項目: サービス

Directory Service Connector – QVDirectoryServiceConnector.exe.config

設定 説明
ApplicationDataFolder ログ フォルダやその他のすべてのファイル/フォルダが作成されるフォルダ。デフォルト値は %ProgramData%\QlikTech\DirectoryServiceConnector です。
WebservicePort Directory Service Connector サービスが通信に使用するポート。デフォルト値は 4730 です。値を変更する場合は、QVDistributionService.exe.config ファイル内の「DSCAddress」タグも同様に変更する必要があります。
UseHTTPS Trueに設定すると http ではなく SSL を介して通信が行われます。この設定を有効化するには、ウェブ サイトの証明書が必要です。
PluginPath Directory Service Connector が利用可能な DSP プラグインを探すためのパス。デフォルト値は %ProgramFiles%\QlikView\Directory Service Connector\DSPlugins です。
Trace Trueに設定するとデバッグのログが有効になります。
DisableCompress この設定を有効にすると、http 通信の圧縮が無効化されます。