CAL

[CALs] タブでは、サーバーまたはユーザー ドキュメントで、クライアント アクセス ライセンス (CAL) に割り当てられているユーザーに関する情報を表示および削除できます。CAL とユーザーのすべての関連付けがリストに表示されます。

注: このタブはドキュメント CAL が現在のユーザーに割り当てられている場合にのみ利用可能です。

参照項目: Document CAL

注: このタブに表示される情報は、左側のパネルの選択に応じて異なります。

参照項目: ユーザー管理

関数

ユーザー名

パスを含む、現在のユーザー名が表示されます。ユーザーとは、認証されているユーザー名またはマシン名です。

タイプ

現在のユーザーの CAL の種類が表示されます。可能な値は次の通りです。

  • Document CAL
  • Named CAL

最終アクセス日時 (Last Used) (UTC)

現在のユーザーが最後にサーバー アクティビティを行ったタイム スタンプ (UTC: 協定世界時) です。

有効期限 (UTC) (Expiration (UTC))

7 日間 CAL とユーザーの関連付けが使用されていない場合は、直ちに削除されます。CAL とユーザーの関連付けが現在使用中であったり最近使用されていた場合は、削除のステータスが付けられ、この CAL を介した新しいユーザーによるアクセス セッションは許可されません。しかし、CAL とユーザーの関連付けは、有効期間が終了するまで、割り当てられた CAL を占領します。

ソース

CAL が割り当てられているサーバーまたはユーザー ドキュメントの名前が表示されます。

削除

有効期限 (Quarantined Until) (UTC) 日時を過ぎると、CAL とユーザーの関連付けは手動で削除できます。リストから CAL とユーザーの関連付けを完全に削除するには、まずドキュメント CAL を解放し、削除 (Delete) アイコンをクリックします。

注: CAL とユーザーの関連付けは、期限が過ぎると正式に削除されます。
注: その CAL は 7 日間利用できません。

削除を元に戻す (Undo Delete)

検証期限 (Quarantined Until) (UTC) の日時を過ぎる前であれば、CAL とユーザー間の関連付けは削除を元に戻す (Undo Delete) アイコンをクリックすることで復元できます。