基本設定

[基本設定 (General)] タブでは、現在のタスク (current task) の基本的な設定およびパラメータを管理することができます。ドキュメント カテゴリの割り当て、作成、編集、削除が可能です。ドキュメントにカテゴリを設定することにより、エンド ユーザーは容易に分類することができます。これらのカテゴリは、QlikView AccessPoint のエンドユーザーのみに表示されます。各ドキュメントは 1 つのカテゴリにのみ属することが可能です。

基本操作

有効化 (Enabled)

タスクを有効化するには、このチェック ボックスをオンにします。タスクを無効化するには、このチェック ボックスをオフにします。

タスク名 (Task Name)

タスク名を編集するには、このテキスト ボックスに任意の名前を入力します。

注: タスク名 (Task Name) は一意である必要があり、そうでない場合は「MyTask」を「MyTask (2)」のように名前の末尾に数字を追加して一意の名前にしてください。

カテゴリの選択 (Select Category)

サポート タスクにカテゴリを割り当てるには、ドロップダウン リストに表示されているカテゴリから 1 つを選択します。

デフォルト値: Default

新しいカテゴリの入力 (Or Type a New Category)

カテゴリを作成するには、このテキスト ボックスに説明的な名前を入力します。新しいカテゴリが [カテゴリの選択 (Select Category)] ドロップダウン リストで利用可能になります。

注: カテゴリの再割り当ては可能ですが、削除はできません。

タスクの説明 (Task Description)

タスクの説明を編集するには、このテキスト ボックスに任意の説明を入力します。

パラメータ (Parameters)

テーブル名 (Table Name)

QVD データベース テーブルの名前です。テーブル名を編集するには、このテキスト ボックスに特定の名前を入力します。

注: QVD 作成タスクは、このテーブル名を使用して QlikView テーブルおよび QVD ファイルを生成するため、同テーブル名は必須です。テーブル名が入力されていないと、QVD 作成タスクは失敗します。

QVD パス (QVD Path)

QVD のフォルダを選択するには、参照 (Browse) アイコンをクリックして、[フォルダの選択 (Choose Folder)] ダイアログでフォルダを指定します。

QVD ユーザー (QVD Users)

ユーザーおよびグループの管理方法を選択するには、次のドロップダウン リストからオプションを 1 つクリックします。

  • すべての認証ユーザー (All Authenticated Users): 認証済みのすべてのユーザーに許可を与えます。
  • 指定されたユーザー (Named Users): ユーザーやグループの検索によりドメインやコンピュータに手動で追加されたユーザーに許可を与えます (名前は Directory Service Connector により決定されます)。

ユーザーおよびグループの追加

[ユーザーの種類 (User Type)]項目で、[指定されたユーザー (Named User)]が選択されている場合、以下を実行します。

ユーザーおよびグループを管理するには、ユーザーの管理 (Manage Users) アイコンをクリックします。

  • デフォルトの範囲 (Default Scope)
  • ドロップダウン リストから検索するディレクトリを選択します。

  • ユーザーとグループの検索 (Search for Users and Groups)
  • ドキュメントやタスク、テンプレートを検索するには、このテキスト ボックスに検索したい用語を入力し、検索 (Search) アイコンをクリックします。

    参照項目: ユーザー管理検索機能

  • 検索結果
  • 検索結果 (Search Result)このボックスには、希望する条件を使った検索の結果が表示されます。

  • 追加 >
  • 追加 > (Add >)ユーザーやグループを追加するには、[検索結果 (Search Result)] ボックスに表示されたユーザーやグループをクリックし、このボタンをクリックします。同時に複数のグループを追加できます。

  • [選択済みユーザー (Selected Users)]
  • このボックスには選択ユーザーとグループが表示されます。

  • 削除
  • ユーザーやグループの選択を解除するには、[選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスに表示されたユーザーやグループをクリックし、このボタンをクリックします。同時に複数のグループの選択解除ができます。

  • << すべてを削除 (<< Delete All)
  • [選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスからすべてのユーザーやグループの選択を解除するには、このボタンをクリックします。

スクリプト

QVD ファイルの生成に必要なロード スクリプトです。このスクリプトを編集するには、このテキスト ボックスに任意のステートメントを入力します。

注: QVD 生成タスクでは、単一の QVD ファイルの作成のみが可能です。このタスクに組み込むスクリプトは、QlikView テーブルの作成に必要なものすべてが揃っている必要があります。これには、必要な「CONNECT」ステートメントも含まれます。QVD 作成タスクは、必要な「STORE」ステートメントを自動的に追加します。よって、同ステートメントをこのスクリプトに含める必要はありません。