ドキュメント情報

[ドキュメント情報 (Document Information)]タブでは、現在のドキュメント (current document) のカテゴリについて、割り当て、作成、編集、削除を行うことができます。カテゴリはドキュメントをコンテナにバンドルするために使用されるもので、エンドユーザーはこれによって分類を簡単に行うことができます。これらのカテゴリは、QlikView AccessPoint のエンドユーザーのみに表示されます。各ドキュメントは 1 つのカテゴリにのみ属することが可能です。

基本設定

カテゴリの選択 (Select Category)

ドキュメントにカテゴリを割り当てるには、ドロップダウン リストに表示されているカテゴリから 1 つを選択します。

デフォルト値: Default

新しいカテゴリの入力 (Or Type a New Category)

カテゴリを作成するには、このテキスト ボックスに説明的な名前を入力します。新しいカテゴリが [カテゴリの選択 (Select Category)] ドロップダウン リストで利用可能になります。カテゴリは、QlikView AccessPoint に表示されます。

注: カテゴリの再割り当ては可能ですが、削除はできません。

ソース ドキュメント (Source Document)

ソース ドキュメントの名前。ソース ドキュメントを選択するには、このテキスト ボックスにその名前を入力します。

注: QlikView Server をリロードすることによって、ソース ドキュメント名が変更されることはありません。

ドキュメントの説明文 (Document Description)

QlikView AccessPoint のドキュメントの詳細に表示されるドキュメントの説明文を作成するには、このテキスト ボックスに説明を入力します。

属性 (Attribute)

メタ データ属性は作成可能であり、ドキュメントに割り当てることも可能です。こうした属性は名前と値という任意の組み合わせです。属性はドキュメントには保存されませんが、QlikView Server Document Metadata Service (DMS) 機能を有する QlikView Server のメタ データに保存されます。サードパーティ製のアプリケーションの場合は、qvpx プロトコルを使ってデータベースから属性の読み取りや抽出ができます。QlikView AccessPoint の各属性は、正しいドキュメントを検索するために有用です。属性を作成し、値を割り当ててメタ ファイルに保存するには、パネルの右側にある追加 (Add) アイコンをクリックし、次の項目を設定します。

名前

このテキスト ボックスに説明的な名前を入力し、メタ データの属性名を設定します。

このテキスト ボックスに名前 (Name) 項目のメタ データ属性名に割り当てる値を入力します。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、削除 (Delete) アイコンをクリックします。