Document CAL

[ドキュメント CAL (Document CAL)]タブでは、ドキュメントのクライアント アクセス ライセンス (CAL) のユーザーへの割り当てを管理することができます。

注: このタブは、ドキュメント CAL が QlikView Server ライセンスに含まれている場合にのみ有効になります。

参照項目: ライセンス

注: CAL を割り当てることと、ドキュメントにアクセスすることは同じではありません。

要約

以下のドキュメント CAL 情報が提示されます。

  • サーバーで利用可能なドキュメント CAL (Document CALs Available on Server):現在のライセンスに含まれているドキュメント CAL の数を示します。
  • サーバーの割り当てられていないドキュメント CAL (Document CALs Not Allocated on Server):どのドキュメントにも割り当てられていないドキュメント CAL の数を示します。
  • このドキュメントに割り当てられているドキュメント CAL (Document CALs Allocated to this Document):現在のドキュメントに割り当てられているドキュメント CAL の数を示します。
  • ドキュメントに埋め込まれているドキュメント CAL (Document CALs Embedded in Document):現在のドキュメントにすでに埋め込まれているドキュメント CAL の数を示します。
  • ユーザーに割り当てられているドキュメント CAL (Document CALs Assigned to Users):現在のドキュメント内にあり、ユーザーに割り当てられているドキュメント CAL の数を示します。

Document CAL

このドキュメントに割り当てられているドキュメント CAL の数 (Number of CALs Allocated to this Document)

現在のドキュメントに割り当てられているドキュメント CAL の数のことです。デフォルトで、この値は「0」(ゼロ) に設定されています。値を変更するには、任意の値をこのテキスト ボックスに入力します。値を再度ゼロにリセットするには、テキスト ボックスに「0」(ゼロ) を入力します。

CAL の動的割り当てを許可 (Allow Dynamic CAL Assignment)

このオプションを使用すると、この QlikView Server に初めて接続するユーザーに、新しいドキュメント CAL が自動的に付与されます。ただし、割り当てることができるドキュメント CAL が存在している必要があります。QlikView Server に、当該ドキュメントを開く任意のユーザーに CAL を割り当てさせるには、このチェック ボックスをオンにします。QlikView Server に、当該ドキュメントを開く任意のユーザーに CAL を割り当てさせないようにするには、このチェック ボックスをオフにします。

割り当てられているユーザー (Assigned Users)

ドキュメント CAL のユーザーへの割り当てが、リストで提示されます。ドキュメント CAL は、自動的に (「CAL の動的割り当てを許可 (Allow Dynamic CAL Assignment)」参照)、または手動で、ユーザーに割り当てることができます。現在のドキュメント CAL をユーザーに手動で割り当てるには、以下を実行します。

ユーザーを管理するには、ユーザーの管理 (Manage Users) アイコンをクリックします。

  • デフォルトの範囲 (Default Scope)
  • ドロップダウン リストから検索するディレクトリを選択します。

  • ユーザーの検索
  • ユーザーを検索するには、このテキスト ボックスに任意の検索語を入力し、検索アイコンをクリックします。

    参照項目: ユーザー管理検索機能

  • 検索結果 (Search Result)
  • 検索結果 (Search Result)このボックスには、希望する条件を使った検索の結果が表示されます。

  • 追加 >
  • ユーザーを追加するには、[検索結果]ボックスに表示されたユーザーをクリックし、このボタンをクリックします。同時に複数のユーザーを追加できます。

  • [選択済みユーザー (Selected Users)]
  • このボックスには選択済みのユーザーが表示されます。

  • 削除
  • ユーザーの選択を解除するには、[選択済みユーザー]ボックスに表示されたユーザーをクリックし、このボタンをクリックします。同時に複数のユーザーの選択解除ができます。

  • << すべてを削除 (<< Delete All)
  • [選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスからすべてのユーザーの選択を解除するには、このボタンをクリックします。

  • ユーザー名の手動入力 (Manual Input of User Names)
  • この項目は、指定したディレクトリに存在しないユーザー名を手動で入力する場合に使用します。入力したユーザー名は [デフォルトの範囲 (Default Scope)] ドロップダウン リストに追加され、次回ダイアログが起動されると [選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスにリストされます。

名前

現在のドキュメントの、当該時点でドキュメント CAL を保持しているすべてのユーザーの名前が、リストで提示されます。ユーザーとは、認証されているユーザー名またはマシン名です。

参照項目: 基本設定

最終アクセス日時 (Last Used) (UTC)

各ユーザーのサーバーへの最終アクセス日時 (UTC) です。

有効期限 (Quarantined Until) (UTC)

7 日間 CAL とユーザーの関連付けが使用されていない場合は、直ちに削除されます。CAL とユーザーの関連付けが現在使用中であったり最近使用されていた場合は、削除のステータスが付けられ、この CAL を介した新しいユーザーによるアクセス セッションは許可されません。しかし、CAL とユーザーの関連付けは、有効期間が終了するまで、割り当てられた CAL を占領します。

元のサイズに戻す

有効期限 (Quarantined Until) (UTC) の日時を過ぎる前であれば、CAL とユーザー間の関連付けは元に戻す (Restore)アイコンをクリックすることで復元できます。

削除

有効期限 (Quarantined Until) (UTC) 日時を過ぎると、CAL とユーザーの関連付けは手動で削除できます。リストから CAL とユーザーの関連付けを完全に削除するには、まずドキュメント CAL を解放し、削除 (Delete) アイコンをクリックします。

注: CAL とユーザーの関連付けは、期限が過ぎると正式に削除されます。
注: その CAL は 7 日間利用できません。