許可 (Authorization)

[承認 (Authorization)]タブでは、現在のドキュメント (current document) に対するユーザー/グループ アクセスを管理することができます。QlikView Server (QVS) Document Metadata Service (DMS) の承認機能を利用して、現在のドキュメント (current document) にアクセスすることを許可されるのは、指定されたユーザーのみです。

参照項目: セキュリティ

注: このタブは、この QVS の承認方法として[DMS 承認 (DMS Authorization)]が選択されている場合にのみ有効になります。

ドキュメントへのアクセス権限があるユーザー (Users Authorized to Access Document)

現在のドキュメント (current document)へのアクセスを管理するためのエントリを作成するには、右側パネルの追加 (Add) アイコン をクリックします。以下に示す項目を構成します。

Access

現在のドキュメント (current document) をいつ利用可能にするかを構成するには、編集 (Edit) アイコン をクリックして[アクセス (Access)]ダイアログを開き、次に示すオプションの 1 つの構成を実行します。

  • 常時 (Always)現在のドキュメント (current document) は、常に利用可能になります。
  • 制限 (Restricted)現在のドキュメントは、構成内容 (以下参照) に応じて利用可能になります。
  • 曜日 (Week Days)

    ドキュメントが利用可能な曜日を選択するには、次のいずれかのチェック ボックスをオンにします。

    • 月曜日 (Monday)
    • 火曜日 (Tuesday)
    • 水曜日 (Wednesday)
    • 木曜日 (Thursday)
    • 金曜日 (Friday)
    • 土曜日 (Saturday)
    • 日曜日 (Sunday)
    注: 曜日が選択されていないと、ドキュメントは利用できません。

    最小

    ドキュメントが利用可能になる時間を指定します。このパラメータを編集するには、テキスト ボックスにhh:mm (時間:分) 形式で目的の値を入力します。

    例: 09:00

    利用終了時間 (Until)

    ドキュメントの利用可能時間の終了点を指定します。このパラメータを編集するには、テキスト ボックスにhh:mm (時間:分) 形式で目的の値を入力します。

    デフォルト値: 23:59

ユーザーの種類

現在のドキュメント (current document) へのアクセスを構成するには、以下を実行します。

ユーザーおよびグループ許可を管理するには、次のドロップダウン リストからオプションを 1 つ選択します。

全ユーザー (All Users)、つまり認証を受けた全ユーザー (ファイルへの匿名アクセスが許可されていることを意味します)。

注: 匿名アクセスが許可されている場合、IQVS アカウントはファイル アクセスを制御します。つまり、正しいファイル アクセス権を IQVS アカウントに付与する必要があることを意味します。既定では、QlikView インストールのローカル アカウントとして、アカウントを作成します。クラスター環境では、全てのノードがアクセスできるように、ドメインのアカウントとして IQVS アカウントを作成する必要があります。

参照項目: 匿名アカウント (Anonymous Account)

すべての認証ユーザー (All Authenticated Users): 認証済みのすべてのユーザーに許可を与えます。

指定されたユーザー (Named Users): ユーザーやグループの検索によりドメインやコンピュータに手動で追加されたユーザーに許可を与えます (名前は Directory Service Connector により決定されます)。

ユーザーとグループ (Users and Groups)

注: このオプションは、[指定されたユーザー (Named User)]が選択されている場合にのみ利用できます。

ユーザーおよびグループを管理するには、ユーザーの管理 (Manage Users) アイコンをクリックします。

  • デフォルトの範囲 (Default Scope)
  • ドロップダウン リストから検索するディレクトリを選択します。

  • ユーザーとグループの検索 (Search for Users and Groups)
  • ドキュメントやタスク、テンプレートを検索するには、このテキスト ボックスに検索したい用語を入力し、検索 (Search) アイコンをクリックします。

    参照項目: ユーザー管理検索機能

  • 検索結果
  • 検索結果 (Search Result)このボックスには、希望する条件を使った検索の結果が表示されます。

  • 追加 >
  • 追加 > (Add >)ユーザーやグループを追加するには、[検索結果 (Search Result)] ボックスに表示されたユーザーやグループをクリックし、このボタンをクリックします。同時に複数のグループを追加できます。

  • [選択済みユーザー (Selected Users)]
  • このボックスには選択ユーザーとグループが表示されます。

  • 削除
  • ユーザーやグループの選択を解除するには、[選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスに表示されたユーザーやグループをクリックし、このボタンをクリックします。同時に複数のグループの選択解除ができます。

  • << すべてを削除 (<< Delete All)
  • [選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスからすべてのユーザーやグループの選択を解除するには、このボタンをクリックします。

  • ユーザー名の手動入力 (Manual Input of User Names)
  • この項目は、指定したディレクトリに存在しないユーザー名を手動で入力する場合に使用します。入力したユーザー名は [デフォルトの範囲 (Default Scope)] ドロップダウン リストに追加され、次回ダイアログが起動されると [選択済みユーザー (Selected Users)] ボックスにリストされます。

削除

リストから設定済みのエントリを完全に削除するには、削除 (Delete) アイコンをクリックします。