トリガー (Trigger)

[トリガー (Triggers)]タブでは、現在のタスク (current task) を、トリガーによって開始されるように構成することができます。1 つのタスクには複数のトリガーを設定することができ、タスクのワークフローを作成できます。このタブには、以下の見出しが含まれます。

現在のトリガー (Current Triggers)

各行は個別のトリガーを表示します。トリガーがリリースされると、現在のタスクが開始されます (OR 演算子)。複数のトリガー (複数条件) をリリースするには、現在のタスクを開始する前に複数のイベント完了 (On Multiple Events Completed) 機能を使用する必要があります (AND 演算子)。

トリガーを作成するには、右側パネルで [追加 (Add)] アイコン をクリックします。

参照項目: トリガーの設定 (Configure Trigger) ダイアログ

トリガー (Trigger)

トリガーの種類。可能な値は次の通りです。

詳細 (Details)

トリガーが現在のタスクを起動する場合のトリガー条件設定。

有効化 (Enabled)

トリガーの現在の状態。可能な値は次の通りです。

  • 有効化 (Enabled)
  • 無効化 (Disabled)

トリガーの編集 (Edit Trigger)

トリガーを構成するには、トリガーを編集 (Edit Trigger) アイコン をクリックします。

参照項目: トリガーの設定 (Configure Trigger) ダイアログ

削除

トリガーを完全に削除するには、削除 (Delete) アイコンをクリックします。

トリガーの設定 (Configure Trigger) ダイアログ

タスクの開始

トリガーの種類を選択するには、ドロップダウン リストから次のいずれかのオプションをクリックします。

有効化 (Enabled)

タスク実行のトリガーを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。トリガーを無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

スケジュール設定 (On a Schedule)

[スケジュール設定 (On a Schedule)] トリガーを選択すると、現在のタスクを開始するトリガーのスケジュールを設定することができます。次の構成オプションが利用できます。

定期的 (Recurrence)

トリガーを開始するスケジュールは、次のオプションのいずれかをクリックして選択します。

注: 時刻は、24 時間形式にする必要があります。

開始時刻 (Start at)

トリガーの開始日時を yyyy-mm-dd hh:mm:ss の形式でテキスト ボックスに入力します。

例:  

2011-12-31 23:59:59

一度 (Once)

これ以降の設定はありません。

時間ごと (Hourly)

次の間隔で実行 (Run Every)

トリガーを開始する時間間隔を、[時間 (Hours)][分 (Minutes)] のテキスト ボックスに目的の数値を入力して設定します。

例:  

110 をそれぞれのボックスに入力すると、トリガーは 70 分ごとに開始されます (この例では、他の制限的な設定は考慮されていません)。

オン (On)

トリガーを開始する曜日を選択するには、次のいずれかのチェック ボックスをオンにします。

  • 月曜日 (Monday)
  • 火曜日 (Tuesday)
  • 水曜日 (Wednesday)
  • 木曜日 (Thursday)
  • 金曜日 (Friday)
  • 土曜日 (Saturday)
  • 日曜日 (Sunday)
注: 曜日を選択しないと、トリガーは毎日実行されます。
設定時間のみで実行 (Run Only Between)

このチェック ボックスをオンにすると、1 日のうちトリガーを開始する時間を制限できます。トリガーの開始を許可する、開始時間と停止時間を [開始 (start)] および [停止 (stop)] テキストボックスに hh:mm 形式で入力します。時間制限を無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

最大実行数 (Max Number of Executions)

トリガーが開始する最大タスク数を制限するには、このチェック ボックスをオンにし、[最大数 (Max Number)] テキスト ボックスにトリガーを許可する回数を入力します。トリガー数を制限しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

期限切れ (Expire)

特定の日時でトリガーを期限切れに設定するには、このチェック ボックスをオンにし、テキスト ボックスに yyyy-mm-dd hh:mm:ss の形式で日時を入力します。トリガーの期限切れを設定しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

例:  

2012/12/31 23:59:59

日ごと (Daily)

次の間隔で実行 (Run Every)

トリガーを開始する時間間隔を、[日ごと (Daily)] テキスト ボックスに目的の数値を入力して設定します。

例:  

3 とボックスに入力すると、トリガーは 3 日ごとに開始されます (この例では、他の制限的な設定は考慮されていません)。

最大実行数 (Max Number of Executions)

トリガーが開始する最大タスク数を制限するには、このチェック ボックスをオンにし、[最大数 (Max Number)] テキスト ボックスにトリガーを許可する回数を入力します。トリガー数を制限しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

期限切れ (Expire)

特定の日時でトリガーを期限切れに設定するには、このチェック ボックスをオンにし、テキスト ボックスに yyyy-mm-dd hh:mm:ss の形式で日時を入力します。トリガーの期限切れを設定しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

例:  

2012/12/31 23:59:59

週ごと (Weekly)

次の間隔で実行 (Run Every)

トリガーを開始する時間間隔を、[週ごと (Weekly)] テキスト ボックスに目的の数値を入力して設定します。

例:  

2 とボックスに入力すると、トリガーは 2 週間ごとに開始されます (この例では、他の制限的な設定は考慮されていません)。

オン (On)

トリガーを開始する曜日を選択するには、次のいずれかのチェック ボックスをオンにします。

  • 月曜日 (Monday)
  • 火曜日 (Tuesday)
  • 水曜日 (Wednesday)
  • 木曜日 (Thursday)
  • 金曜日 (Friday)
  • 土曜日 (Saturday)
  • 日曜日 (Sunday)
注: 曜日を選択しないと、現在の曜日が選択されます。
最大実行数 (Max Number of Executions)

トリガーが開始する最大タスク数を制限するには、このチェック ボックスをオンにし、[最大数 (Max Number)] テキスト ボックスにトリガーを許可する回数を入力します。トリガー数を制限しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

期限切れ (Expire)

特定の日時でトリガーを期限切れに設定するには、このチェック ボックスをオンにし、テキスト ボックスに yyyy-mm-dd hh:mm:ss の形式で日時を入力します。トリガーの期限切れを設定しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

例:  

2012/12/31 23:59:59

月ごと (Monthly)

月 (Months)

トリガーを開始する月を選択するには、次のいずれかのチェック ボックスをオンにします。

  • 1 月 (January)
  • 2 月 (February)
  • 3 月 (March)
  • 4 月 (April)
  • 5 月
  • 6 月 (June)
  • 7月 (July)
  • 8 月 (August)
  • 9 月 (September)
  • 10 月 (October)
  • 11 月 (November)
  • 12 月 (December)
注: 月を選択しないと、現在の月が選択されます。
すべて選択 (Check All)

すべての月を自動的に選択するには、このボタンをクリックします。

すべて解除 (Uncheck All)

すべての月の選択を自動的に解除するには、このボタンをクリックします。

開始のみ (Run Only)

トリガーを選択した [月 (Months)] 内に開始するように制限するには、次のオプションのいずれかを選択します。

  • [日 (Days)] とトリガーを開始する日を選択し、次のいずれかのチェック ボックスをオンにします。
    • [1][2][3]...[31]、ここでそれぞれ月の日を表しています。
      最後 (Last): その月の最後にトリガーを実施する日です。
      注: 日を選択しない場合は、トリガーは実行されません。
  • [オン (On)] と月の日付を選択し、次のいずれかのチェック ボックスをオンにします。
    • 順序 (Order) 週日 (Weekday)
      1 番目 (First)
      2 番目 (Second)
      3 番目 (Third)
      4 番目 (Fourth)
      最後 (Last)


      月曜日 (Monday)
      火曜日 (Tuesday)
      水曜日 (Wednesday)
      木曜日 (Thursday)
      金曜日 (Friday)
      土曜日 (Saturday)
      日曜日 (Sunday)
最大実行数 (Max Number of Executions)

トリガーが開始する最大タスク数を制限するには、このチェック ボックスをオンにし、[最大数 (Max Number)] テキスト ボックスにトリガーを許可する回数を入力します。トリガー数を制限しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

期限切れ (Expire)

特定の日時でトリガーを期限切れに設定するには、このチェック ボックスをオンにし、テキスト ボックスに yyyy-mm-dd hh:mm:ss の形式で日時を入力します。トリガーの期限切れを設定しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

例:  

2012/12/31 23:59:59

連続 (Continuously)

これ以降の設定はありません。

他のタスク イベント(On Event from Another Task)

[他のタスク イベント (On Event from another task)] トリガーを選択すると、トリガーは別のタスク イベントの現在のタスクを開始するよう設定できます。次の構成オプションが利用できます。

開始 (Start on)

ドロップダウン リストから次のいずれかのオプションをクリックして、トリガー イベントを選択します。

  • Successful: タスクが正常に実行されたことを意味します。
  • Failed: タスクの実行に失敗したことを意味します。

完了 (Completion of)

ドロップダウン リストから次のいずれかのオプションをクリックして、トリガー タスクを選択します。

外部イベント (On an External Event)

[外部イベント (On an External Event)] を選択すると、トリガーは QlikView Management Service (QMS) API コールによる外部コンポーネントである外部イベントの現在のタスクを開始するよう設定できます。次の構成オプションが利用できます。

パスワード

このパスワードは、タスクにアクセスする場合やトリガーをリリースする際に使用します。外部イベントの場合は、このパスワードを把握しておく必要があります。外部イベントを有効にしてタスクのトリガーをリリースさせるには、このテキスト ボックスにパスワードを入力します。

複数イベント完了時 (On Multiple Events Completed)

[複数イベント完了時 (On Multiple Events Completed)] トリガーを選択すると、現在のタスクを他のタスクがすべて指定した時間内に完了した後に開始するよう、トリガーを設定できます。次の構成オプションが利用できます。

時間の制約 (Time Constraint)

すべてのタスクの実行が完了しなければならない時間的制約を、[分 (Minutes)] テキスト ボックスに目的の値を入力して設定します。

デフォルト値: 360 (6 時間に相当)

すべてのイベント完了後にタスクを実行 (Run task when all of these events completed)

外部イベント (External event)

トリガーを開始させるために完了する必要があるタスク リストに外部イベントを追加して、このチェック ボックスをオンにします。リストから外部イベントを完全に削除するには、このチェック ボックスをオフにします。

パスワード

このパスワードは、タスクにアクセスする場合やトリガーをリリースする際に使用します。外部イベントの場合は、このパスワードを把握しておく必要があります。外部イベントを有効にしてタスクのトリガーをリリースさせるには、このテキスト ボックスにパスワードを入力します。

タスク完了 (Task Completed)

タスクとトリガーを開始するために完了させておく必要があるイベントを追加するには、右側のパネルにある [追加 (Add)] アイコン をクリックします。

イベント (Event)

ドロップダウン リストからタスク イベントを選択します。

タスク (Task)

ドロップダウン リストから、[イベント (Event)] 項目で選択したイベントに関連するタスクを選択します。

タスクの依存関係 (Task Dependencies)

タスクの依存関係とは、他のタスクがそれらの最後の実行を問題なく終了した場合にのみ、現在のタスク (current task) が実行されるようにするための手段です。タスク依存関係によって、トリガーはすべて無効化されます。これは、現在のタスク (current task) のタスク依存関係が満たされない場合、トリガーによって現在のタスク (current task) を開始することができなくなる可能性があることを意味しています。現在のタスク (current task) の依存関係を作成するには、右側パネルで追加 (Add) アイコンをクリックします。

タスク (Task)

ドロップダウン リストから、現在のタスク (current task) の前に、問題なく実行されると考えられるタスクを選択します。

削除

タスクの依存関係を完全に削除するには、削除 (Delete) アイコンをクリックします。

タスク実行オプション (Task Execution Options)

トリガーは、一定期間中に複数回にわたって現在のタスク (current task) の開始を試行できるように設定することができます。

試行回数 (Number of Tries)

現在のタスク (current task) の開始試行回数を選択するには、このテキスト ボックスに任意の数値を入力します。

デフォルト値: 1

タイムアウト (単位:分) (Timeout in Minutes)

[試行回数 (Number of Tries)] の期間を指定するには、このテキスト ボックスに任意の数値を入力します。

デフォルト値: 1440 (24 時間に相当)