テンプレート

[テンプレート (Templates)]フォルダでは、テンプレートの作成、保存、テンプレートを使用した新しいタスク (new tasks) の作成、ソース ドキュメント (source documents) へのテンプレートの割り当てが可能です。テンプレートに、ドキュメント設定が含まれることはありません。そのため、次に示す機能は適用外となります。

これは、タスクを新規または既存のテンプレートにコピー & ペーストするときに、特定のドキュメント情報がコピーされることはないことを意味します。また、テンプレートを実行することはできません。

テンプレートが、任意のソース ドキュメントに割り当てられることはありません。ソース ドキュメントにコピーされたテンプレートは、タスクになります。テンプレートを使用してタスクを追加する別の手段として、[テンプレートを使用してタスクを追加 (Add Task Using Template)]オプションを選択する方法があります。

参照項目: ソース ドキュメント

関数

ドキュメントやタスク、テンプレートの検索

ドキュメントやタスク、テンプレートを検索するには、このテキスト ボックスに検索したい用語を入力し、検索 (Search) アイコンをクリックします。

参照項目: 検索機能 (Search Function)

ビュー

右側パネルですべてのテンプレートの概要を確認するには、ツリー表示の[テンプレート (Templates)]フォルダをクリックします。

テンプレートの追加 (Add Template)

テンプレートを追加するには、右側パネルの右上隅にあるテンプレートを追加 (Add Template) アイコン をクリックします。テンプレートが作成されたら、当該テンプレートに属する各タブで、設定を構成する必要があります。

参照項目: テンプレートの編集 (Edit Template)

テンプレートの編集 (Edit Template)

テンプレートを構成するには、テンプレートを編集 (Edit Template) アイコン をクリックするか、ツリー表示の該当するテンプレートをクリックします。右側パネルに、以下のタブが示されます。

詳細を確認するには、各タブのラベルをクリックしてください。

注: これらのタブにはタスク (task) の設定が示されていて、単に実行できないテンプレート (template) を作成します。これらの設定を使用するには、ドキュメントに実行可能なタスクを作成する必要があります。

参照項目: ソース ドキュメント

コンテキスト メニュー (Context Menu)

テンプレートの管理に役立つコンテキスト メニューを表示するには、ツリー表示の該当するテンプレートを右クリックします。

テンプレートのコピー (Copy Template)

テンプレートをコピーするには、このテンプレートをクリップボードにコピー (Copy this Template to Clipboard) アイコン をクリックするか、ツリー表示の当該テンプレートを右クリックして[コピー (Copy)]を選択します。

テンプレートの貼り付け (Paste Template)

テンプレートをテンプレート フォルダに貼り付けると、新しいテンプレートが作成されます。コピーしたテンプレートをテンプレート フォルダに貼り付けるには、右側パネル (テンプレートを追加 (Add Template) アイコン の左側) の該当するテンプレート フォルダをクリック (ハイライト) してテンプレートを貼り付け (Paste Template) アイコン をクリックするか、または当該テンプレート フォルダを右クリックして[貼り付け (Paste)]を選択します。

テンプレートを既存のテンプレートに貼り付けると、テンプレートがマージされ、貼り付け先のテンプレートの設定が上書きされます。コピーしたテンプレートと別のテンプレートをマージするには、ツリー表示の貼り付け先テンプレートが含まれているテンプレート フォルダをクリック (ハイライト) し、右側パネル (このテンプレートを削除 (Delete this template) アイコン の下側) の特別な貼り付け... (Paste Special...) アイコン をクリックするか、またはツリー表示の貼り付け先テンプレートをクリック (ハイライト) して、[特別な貼り付け... (Paste Special...)]を右クリックします。貼り付け先テンプレートにテンプレートのどの部分 (コンポーネント) を貼り付けるか (複製するのか、それともマージするのか) を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

選択対象となるテンプレートのコンポーネントは、次で説明されている各タブと一致します。

コピーしたテンプレートは、ツリー表示で複数の貼り付け先テンプレートを選択することによって、同時にいくつかのテンプレートとマージさせることができます。

テンプレートのインポート (Import Template)

テンプレートを別のインストールからインポートするには、テンプレート フォルダを右クリックして、[テンプレートをインポート (Import Template)]を選択します。これにより、リモート システムが表示されます。インポートするテンプレートを選択します。該当するテンプレート フォルダに同一名のテンプレートがすでに存在する場合、新しい名前が生成されます。

リモート システムからすべてのテンプレートをインポートするには、[配信サービス (Distribution Service)]を右クリックして[テンプレートをインポート (Import Templates)]を選択します。これにより、[インポート (Import)]ダイアログが開きます。インポートする、リモート システムの[配信サービス (Distribution Service)]を選択します。

参照項目: リモート マネージメント サービス (Remote Management Services)

テンプレートの削除

テンプレートを完全に削除するには、ツリー構造からテンプレートが存在するテンプレート フォルダをクリック (ハイライト) して右側のパネルにあるこのテンプレートを削除 (Delete this Template) アイコンをクリックするか、ツリー構造のタスクをクリック (ハイライト) して右クリックし、[削除 (Delete)] を選択します。

ヘルプ

コンテキストに応じたヘルプ (この WebHelp) は、現在のページの内容に関する詳細な情報を提供するもので、ページ右上角にあるヘルプ (Help) をクリックすると表示されます。

移動ボタン

ウィザードでは、ページ間を移動するために次のボタンが利用できます。

  • 前へ (Previous): 意味は「ウィザードの前のページにもどる」で、現在のウィザード ぺージの設定を保存し、次に進むには [次へ (Next)] ボタンを使用します。
  • 次へ (Next): 意味は「ウィザードの次のページに進む」です。
  • 注: このボタンは現在のウィザード ページで必要なデータを設定した場合にのみ利用可能です。

  • 終了 (Finish): 意味は「このウィザードを終了」で、設定した情報が適用されます。
  • 注: このボタンは、ウィザードのすべてのページで設定を終えた場合にのみ利用可能です。

  • キャンセル (Cancel) あるいは 「このウィザードについて」を意味する は、設定を使用したり保存せずに、タスクは生成されません。