QlikViewでの作業

このセクションでは、QlikViewの使用方法について説明します。QlikViewドキュメントの作成方法、異なるデータ ソースからデータを追加して管理する方法、他のユーザーがデータを検索しやすいようにデータを最良の方法で提示するための効果的なチャートとシート オブジェクトの設計方法などを紹介します。

はじめに

QlikViewを初めて使用する場合は、「はじめに」セクションから始めることをお勧めします。

データのロード

さまざまなデータ ソースからデータをロードし、操作する方法を説明します。

ロード スクリプトには、データとそのデータの出所であるデータ ソースに関する情報が保管されます。既存の QlikViewドキュメントを見て、その情報を分析するだけの場合、ロード スクリプトを開く必要はまったくありません。

Excel シートからデータをロードする場合、新規作成ウィザードを使用して、チャートを含む基本的なドキュメントを作成できます。

データの可視化

新規作成ウィザード では、チャートやリスト ボックスなどを含む基本的なドキュメントの作成を行えます。これらのシート オブジェクトの表示内容を後から変更したい場合、それぞれのオブジェクトを右クリックして [プロパティ] ページを開きます。レイアウトや計算式、データのソート順といった設定を調整できます。

探索、発見、分析

ドキュメントを構築したら、ドキュメントの探索を開始して、データの関連性を見つけることができます。チャートとテーブルで選択を行い、データの詳細を確認する際、特定のエリアでデータをフィルターし、新たな洞察を得ることができます。