発見と分析

ドキュメントを作成してデータをロードすると、データの発見と分析が行えるようになります。分析を実施する理由はさまざまで、使用可能なツールも多数あります。

選択

QlikViewでは、選択が主な操作です。選択により、QlikViewにロードされたデータのサブセットがフィルタリングされます。

選択を使用して詳細を知りたいものを調べると、QlikViewは色分けされた絞込値と除外値を異なる色で示します。

ルーチン分析

ルーチン分析の典型的なアクティビティとして、以下のように定期的に主要指標 (KPI) を確認する作業が挙げられます。

  • 毎朝のノルマに対する総売上高
  • 前年同期比総売上高に対する総売上高
  • 週末における受注未発送件数
  • 各月同日における地域ごとの売上高

例えば、売上高の推移を示すデータがあると仮定します。このような場合、データを絞って特定の月の売上高のみを表示します。そして、翌月のデータのみを表示すれば、売上高がどのように推移したかを確認できます。

予備分析

QlikViewでは、新しい洞察を得るために、次のようなさまざまな方法でデータを探索できます。

  • 複数を選択して効率的にデータをフィルタリングする
  • 比較分析をして what-if の質問をする/質問に回答する
  • 新しいビューや詳細をクリックまたはタップする

  • 任意の方法でデータをリミックスして再度組み立てる

データ内の検索

QlikViewのユニバーサルな 検索ツールを使用し、ファジー論理を活用することで、潜在的なすべての一致を見つけることができます。

ブックマークの選択

選択ステートをブックマークとして保存すると、過去の選択内容や頻繁に選択される内容をトラッキングできます。