タイム チャート ウィザード

タイム チャート ウィザードでは、チャートを作成する共通のタスクで特定の計算基準 (数式) を設定し、さまざまな期間で比較を行うチャートを作成できます。

たとえば、Sum(Sales) のような数式を表示したいが、昨年度または現四半期に期間を限定したい場合があります。また、その結果を以前の期間 (前年度、前年同期など) の同じ計算基準と比較したい場合もあります。QlikView では、このような作業を行う数式を作成するための関数が数多く提供されていますが、初心者にとっては、それらを習得することは容易ではありません。タイム チャート ウィザードは、ユーザーの仕様に基づいて、適切な時間関数を使用した基本的な指標となる計算式を作成する作業を支援することを目的に設計されています。

タイム チャート ウィザードの起動

タイム チャート ウィザードは、ツール メニューから タイム チャート ウィザード を選択するか、デザイン ツールバーで対応するボタンをクリックして起動します。

ウィザードを初めて起動したときは、ウィザードの目的と基本的な手順の概要を示すスタート ページが表示されます。後でウィザードを使用するときに、最初のページをスキップする場合は、[次回からこの画面を表示しない] チェック ボックスをオンにします。

選択によっては、下記の手順の一部がスキップされる場合があります。次へ ボタンをクリックして、ウィザードを前に進めます。[終了] をクリックしてチャートを終了しレイアウトに戻ります。さらに調整するには、いつでも チャート プロパティ ダイアログからチャートに戻ります。

タイム チャート ウィザードは、次の基本的な手順に従ってチャートの作成をガイドします。

チャートの種類を選択する いずれかのアイコンをクリックして、作成するチャートの種類を選択します。選択できるのは、期間の修飾を伴うチャートで一般に使用されるチャートの種類です。チャートは、ウィザード終了後に チャート プロパティ ダイアログから、QlikView の他の種類に変更できます。
軸の設定 このページでは、チャートの軸を定義します。ドロップダウン ボックスで 1 つまたは複数の軸を選択します。軸は、チャート式の計算の対象となる値を定義します。軸は、通常、テーブル チャートでは左側、棒グラフなどでは x- 軸に表示されます。
このウィザード終了後は、チャート プロパティ ダイアログからいつでも軸の追加や変更が可能です。
数式と比較時間の定義 このページでは、チャートの基底となる基本の数式と比較時間を定義します。
基本の数式
分析したい計算基準を定義する数式を入力します (例: sum(Sales))。
日付と時刻の数式
各トランザクションに関連付けられた日付と時刻 (通常、日付) の場所を示す数式 (または項目名のみ) を入力します (例: OrderDate)。
基準日の数式
すべてのトランザクションの日付と時刻の比較の基準となる時間を指定する数式を入力します (例: today())。
数式を編集するためにさらに大きなスペースが必要な場合は、[...] アイコンをクリックして 数式の編集 ダイアログを開きます。
期間を選択する このページでは、作成するチャートの基本的な期間単位を選択します。
期間で、チャート式を設定して比較を行う期間の長さを選択します。[月] オプションを使用する場合は、[複数ヶ月] ドロップダウンから、1、2、3、4、6 ヶ月の期間を選択できます。値 3 を指定できますが、これは、[期] を選択するのとまったく同じです。[週周期] は、毎年 1 月 1 日に始まる連続した週 (7 日間) です。1 年には、常に、週周期が正確に 52 あり、52 番目の週周期は 8 日もしくは 9 日となります。
To Date モードを使用したい場合は、期間初来モード チェック ボックスをオンにします。[日] 以外の期間を選択した場合は、日付と時刻の数式 の日付が、基準日の数式 の日付 (同日を含む) までの日付になっているトランザクションだけが含まれます (前ページの定義を参照)。 を選択した場合は、基準日の数式 の時間が仕切りとして使用されます。
[最終確定期を基準とする] チェック ボックスをオンにすると、Qlikview は、前期などの最終経過期間を基準として使用します。
期間開始月の調整 このページでは、選択した期間の開始月を調整できます。多くの場合、このページの設定は省略できます。上記の手順 4 で選択した [期間] に応じて、次の 2 つのオプションのいずれかを指定できます。
年度初月
(決算) 年度の開始が 1 月でない場合、このドロップダウンから、(決算) 年度の開始月を選択できます。このオプションは、上記の手順 4 で選択した [期間][年][期]、または [月] の場合のみ設定できます。
週の最初の曜日/開始時刻
週の最初の曜日や 1 日の開始時刻を調整する場合は、このオプションで行います。補正値は、日単位または日に対する割合で指定できます。たとえば、カレンダの週に 1 を設定すると週は火曜日からの始まりになり、日に 0.125 を設定すると、1 日は午前 3 時からの始まりになります。このオプションは、上記の手順 4 で選択した [期間][週][週周期]、または [日] の場合のみ設定できます。
比較期間を定義する このページでは、比較期間を定義します。上記の手順 4 で [期間][年] を選択した場合、このページは自動的にスキップされます。

比較期間を前の年の同じ期間にします (例: 前年同期)。

比較期間を前の期にします (例: 特定の年の第 2 期と第 3 期)。
動的年比較
このオプションを使用すると、選択した年のうち、基準の年以前で、最も直近の年と比較できます。たとえば、今年 (2006 年) と連続しない年 (2003 年) を比較する場合は、アプリケーションでこのオプションを使用し、2006 年と 2003 年を選択します。このオプションは、比較期間が「年」の場合にのみ使用できます。
列の選択とプレゼンテーション このページでは、チャートにどの数式列を含めるか、およびウィザードを使用してチャート タイトルを設定するかどうかを選択します。
ウィザードを使用して適切なチャート タイトルを設定する場合は、[オブジェクトのタイトル設定] チェック ボックスをオンにします。
ウィザードを使用して作成したチャートには、常に、基準期間内の基本数式を表示する列が含まれます。これに、さらに 3 つまで列を追加することができます。
比較期間の列の追加
比較期間内のチャートの基本数式を表示する列を追加する場合は、このチェック ボックスをオンにします。
比較期間との差分列の追加
チャートの基準期間内の基本数式と比較期間内の基本数式の絶対的変動値の違い (パーセント変化) を表示する列を追加する場合は、このチェック ボックスをオンにします。
比較期間との差分比率列の追加
チャートの基準期間内の基本数式と比較期間内の基本数式の値の違い (パーセント変化) を表示する列を追加する場合は、このチェック ボックスをオンにします。