シート プロパティ: 基本設定

[シート プロパティ] ダイアログは、シートの [オブジェクト] メニューから [プロパティ] を選択するか、[設定] メニューから [シート プロパティ] を選択すると表示されます。

ヒント: [プロパティ] コマンドが淡色表示されている場合は、プロパティの変更を行うために必要な権限がありません。これは [シート プロパティ: セキュリティ] で設定します。

シートに名前を付けるには、タイトル 編集ボックスにテキストを入力します。名前はシートのタブに表示されます。

並列ステート ドロップダウンの選択肢の中から種類をひとつ選択します。次の並列ステートはいつでも使用できます。
継承済み
シートとシート オブジェクトは、QlikView 開発者が無効にしない限り、常に 継承済み ステートにあります。この設定はひとつ上のレベルにあるオブジェクトから継承され、これを選択するとシート内のチャートにはシートと同様の設定が適用されます。
初期ステート
QlikView で最も使用されるステートで $ で表現されます。QlikView ドキュメントは常に [初期ステート] にあります。
シート ID

これは、マクロで使用されます。各シートには、一意の ID が SH01 から割り当てられます。この ID 番号は後で編集することが可能です。

英数字は ID のみに使用することをお勧めします。

参照項目: 内部マクロ インタープリタ

シートの表示グループでは、シートを表示する条件を指定できます。

常に表示 シートは常に表示されます。
条件付き表示

シートは、選択などで断続的に評価される条件式に基づいて表示/非表示にされます。シートは条件が TRUE を返す場合にのみ表示されます。
シートの表示の制限によってドキュメント内のすべてのシートが無効な場合は、"シートはありません" というメッセージが表示されます。ドキュメントの管理権限を持つユーザーは、[ドキュメント プロパティ: セキュリティ] ページにある [すべてのシートとシート オブジェクトを表示] をオンにしてこの条件を無効にできます。 CTRL+SHIFT+S を押して、この機能を切り替えることができます。

参照項目: ドキュメント プロパティ:セキュリティ

ズーム (%) オプションでは、アクティブなシートとシート上のすべての表示サイズを変更できます。

背景 グループでは、シートの背景色を定義します。ドキュメントの初期設定 は、 ドキュメント プロパティ ダイアログで定義された背景色を適用します。シートの設定 をクリックし、 チェックボックスをオンにしてボタンをクリックすると、背景色を定義できます。色の設定 ダイアログで、単色またはグラデーションとして定義できます。

また、シートの背景は、画像 をオンにして 変更 ボタンをクリックするとカスタマイズできます。画像の挿入 ダイアログが開き、使用する画像ファイルを選択できます。

画像形式:

縮小/拡大なし 画像はそのままのサイズで表示され、覆い隠すことが出来ない可能性があります。
塗りつぶし 画像は、縦横比を無視して、シート全体を覆うように拡大されます。
縦横比を固定する 画像は、縦横比を維持したまま、できる限り拡大されます。
縦横比を固定して塗りつぶし 画像は、縦横比を維持したまま、できる限り拡大されます。覆われなかった領域は切り取られた画像で塗りつぶされます。
並べて表示 このオプションを選択した場合、画像は、スペースがあるだけ繰り返し並べて表示されます。

水平方向垂直方向:

水平 画像は水平方向に、左揃え中央揃え、または 右揃え に配置できます。
垂直 画像は垂直方向に、上揃え中央揃え、または 下揃え に配置できます。
テーマの作成 [テーマ作成] ウィザードが開き、新しいテーマを作成したり、既存のテーマを編集したりできます。
テーマの適用 シート オブジェクトに適用するレイアウト テーマ ファイルを選択するためのファイル ブラウザ ダイアログが開きます。

参照項目: レイアウト テーマ

タブ設定グループでは、シートのタブの背景色を定義します。

クラシック グレー グレーのタブ配色と黒いテキストを使用する場合は、このオプションを選択します。
シートの背景 タブの色をシートの色に設定します。
カスタム カラー この設定では、それぞれのボタンをクリックして タブの色タブ テキストの色 を指定できます。
すべてに適用 ドキュメントのすべてのシートにタブの色の設定を適用します。