チャートとテーブル内での選択

チャートやテーブルでの選択の手順は、できる限り直感的に行えるように設計されています。多くの場合、チャートのプロット エリアで個々の値 (棒など) をクリックしたり、大きな範囲を "ペイント" したりして、直接選択できることがわかります。

チャートで直接選択を行えない場合は、チャートが [分離] モード、もしくは [読み取り専用] モードに設定されている可能性があります。

参照項目: チャート プロパティ

棒グラフ、折れ線グラフ、コンボ チャート、レーダー チャート、グリッド チャート、および散布図での選択

プロット エリア内で 1 つのデータ点をクリックするか、複数のデータ点をペイントすると選択できます。ペイント中は、選択範囲がマウス ボタンを放すまで緑色に表示されます。選択したデータ点の計算に使用される軸の値が選択されます。

チャートの凡例内 (凡例が軸の値でなくチャートの数式を示している場合を除く) をクリックするかペイントすると選択できます。

軸とそのラベル (散布図を除く) をクリックするかペイントすると選択できます。対応する項目値が選択されます。

数式の軸とそのラベルをペイントすると選択できます。指定された結果領域でデータ点を生成する項目値が選択されます。

注: 複数軸を表示する折れ線グラフと棒グラフ (コンボ チャートではありません) で直接行われた選択は、最初に 1 つの軸に適用されます。折れ線グラフの選択は、最初に第 2 軸に適用されますので、ある線をペイントすると x 軸のすべての軸値で線全体が選択されます。棒グラフでは逆に、最初に第 1 軸に選択が適用されます。

円グラフでの選択

プロット エリア内で 1 つのスライスをクリックするか、複数のスライスをペイントすると選択できます。ペイント中は、選択範囲がマウス ボタンを放すまで緑色に表示されます。選択したデータ点の計算に使用される軸の値が選択されます。

チャートの凡例をクリックするかペイントすると選択できます。

ブロック チャートでの選択

プロット エリア内で 1 つのブロックをクリックするか、複数のブロックをペイントすると選択できます。クリックすると選択はドリルダウン機能で行われますので、最初のクリックは、第 1 軸の 1 つの値を選択します。2 度目 (選択内) のクリックは、第 2 軸の 1 つの値を選択します。

ペイント中は、選択範囲がマウス ボタンを放すまで緑色に表示されます。選択したデータ点の計算に使用される軸の値が選択されます。第 1 軸のいくつかの値の範囲を超えてペイントすると、選択によってペイントされたものだけではなく、これらの値に属している第 2 軸と第 3 軸のすべての値が選択されます。

ゲージ チャートでの選択

ゲージ チャートでは選択できません。

ストレート テーブルでの選択

1 つのセルをクリックするか、複数のセルをペイントすると軸の列内で選択できます。選択した領域は、マウス ボタンを放すまで緑色で表示されます。

1 つのセル内をクリックすると、数式の列内で選択できます。選択した数式のセルの計算に使用される軸の値が選択されます。

ピボット テーブルでの選択

1 つのセルをクリックすると、軸の列/行内で選択できます。選択したセルは、マウス ボタンを放すまで緑色で表示されます。

1 つのセル内をクリックすると、数式の列/行内で選択できます。選択した数式のセルの計算に使用される軸の値が選択されます。

テーブル ボックスでの選択

任意のセルをクリックするか、1 行以上かつ 1 列以上で構成される領域をペイントすると選択できます。選択した領域は、マウス ボタンを放すまで緑色で表示されます。