項目の選択

シート プロパティ:項目 ページは、メイン メニューの レイアウト メニューから リスト ボックスの追加 を選択して開きます。ここで、現在のアクティブなシートに表示する項目を選択できます。

項目 この列にはデータ ソース項目の名前が表示されます。初めは、すべての項目 (システム項目以外) がこの列に表示されます。システム項目を表示するには、 [システム項目の表示] チェックボックスをオンにします。
リスト ボックス表示項目 この列には、現在のシートに表示するために [項目] リストから選択された項目名が表示されます。初めは、この列に表示される項目はありません。
追加 > 選択項目を 項目 列から リスト ボックス表示項目 列に移動します。
すべて追加 >> すべての項目を 項目 列から リスト ボックス表示項目 列に移動します。
< 削除 選択項目を リスト ボックス表示項目 列から 項目 列に移動します。
テーブルの項目を表示 ここで、 項目 リストにどの項目を表示するかを制御します。ドロップダウン リストは、デフォルトで すべてのテーブル を表示します。
すべてのテーブル (テーブル名表示) は、項目をテーブル名とともに表示します。このため、キー項目は、1 度以上リスト表示されます。(これは表示目的にのみ使用できます。ロード スクリプトの Qualify とは関係ありません。)
一度に 1 つのテーブルの項目を見ることもできます。
システム項目の表示 [システム項目] を [項目] にリスト表示します。
OK 変更が実施されます。
キャンセル 変更を破棄し、ダイアログ ボックスを閉じます。

使用する、もしくは削除する項目をクリックして選択し、 追加><削除 ボタンを使用して列を移動させます。2 つの列に表示される項目はすべて、QlikView のロジックに含まれ、右の列にあるものだけ現在のシートに表示されます。

選択した項目を表示する リスト ボックス は、シートのデフォルト設定です。リスト ボックスに表示を変更するには、右クリックして表示される [オブジェクト] メニューから プロパティ を選択します。

リストにない項目を選択することはできません。これには、新しいスクリプトを実行する必要があります。

参照項目: