文字列関数

このセクションでは、文字列の取り扱いと操作を行うための関数について説明します。次の関数では、パラメータは数式であり、sは文字列と解釈されます。

すべての関数は、ロード スクリプトおよびチャート式の両方で使用できます。例外は Evaluateで、これはロード スクリプトでしか使用できません。

各関数のドロップダウンを使用すると、その関数の簡単な説明や構文を確認できます。詳細を表示するには、構文の説明にある関数名をクリックします。