Left - スクリプトおよびチャート関数

Left()は、入力文字列の最初 (左端) から数えた文字列を返し、ここで返される文字列の文字数は 2 番目の引数で指定されます。

構文:  

Left(text, count)

戻り値のデータ型: 文字列

引数:  

引数 説明
text 元の文字列。
count text文字列の左側から含まれている文字の数を定義します。

参照項目: より複雑な文字列の分析が可能な Index - スクリプトおよびチャート関数