STEYX - スクリプト関数

STEYX()は、group by 句で定義された複数のレコードで反復処理される x-expressiony-expression のペア数値で表される一連の座標について、回帰における各 X 値に対する y 予測値の集計された標準誤差を返します。

構文:  

STEYX (y-value, x-value)

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
y_value メジャー対象である y値の範囲が含まれている数式または項目です。
x_value メジャー対象である x値の範囲が含まれている数式または項目です。

制限:  

データ ペアのどちらか、または両方にテキスト値またはNULL値、欠損値が含まれている場合、データ ペア全体が無視されます。

例と結果:  

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

結果

Trend:

Load *, 1 as Grp;

LOAD * inline [

Month|KnownY|KnownX

Jan|2|6

Feb|3|5

Mar|9|11

Apr|6|7

May|8|5

Jun|7|4

Jul|5|5

Aug|10|8

Sep|9|10

Oct|12|14

Nov|15|17

Dec|14|16

] (delimiter is '|');

 

STEYX1:

LOAD Grp,

STEYX(KnownY, KnownX) as MySTEYX

Resident Trend Group By Grp;

MySTEYX軸を持つテーブルでは、このロード スクリプトの STEYX() 計算の結果は、2.0714764 になります。