LINEST_M - スクリプト関数

LINEST_M()は、group by 句で定義されたレコードで反復処理される x-expressiony-expression のペア数値で表される一連の座標に対して、数式 y=mx+b で定義される直線回帰の集計された m 値 (傾き) を返します。

構文:  

LINEST_M (y-value, x-value[, y0 [, x0 ]])

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
y_value メジャー対象である y値の範囲が含まれている数式または項目です。
x_value メジャー対象である x値の範囲が含まれている数式または項目です。
y(0), x(0)

オプション値y0を記述することにより、y 軸上にある特定の点に回帰線を通すことができます。y0x0 の両方を記述すると、1 つの固定座標に回帰線を通すことができます。

y0x0 の両方が記述されていない限り、この関数の計算には少なくとも 2 つの有効なデータ ペアが必要です。y0x0 が記述されている場合は、データ ペアが 1 組あれば計算できます。 

制限:  

データ ペアのどちらか、または両方にテキスト値またはNULL値、欠損値が含まれている場合、データ ペア全体が無視されます。

参照項目: