Kurtosis - スクリプト関数

Kurtosis()は、group by 句で定義されたレコードの数式内のデータの尖度を返します。

構文:  

Kurtosis([distinct ] expr )

戻り値のデータ型: 数値

引数:  

引数 説明
expr メジャーの対象となるデータが含まれている数式または項目。
distinct 数式の前に distinctがある場合、重複はすべて無視されます。

例と結果:  

ドキュメントに例のスクリプトを追加して実行します。その後、結果列に含まれている項目をドキュメントのシートに追加して結果を表示します。

結果

Table1:

crosstable LOAD recno() as ID, * inline [

Observation|Comparison

35|2

40|27

12|38

15|31

21|1

14|19

46|1

10|34

28|3

48|1

16|2

30|3

32|2

48|1

31|2

22|1

12|3

39|29

19|37

25|2 ] (delimiter is '|');

 

Kurtosis1:

LOAD Type,

Kurtosis(Value) as MyKurtosis1,

Kurtosis(DISTINCT Value) as MyKurtosis2

Resident Table1 Group By Type;

 

Type軸、MyKurtosis1 および MyKurtosis2 軸を持つテーブルでは、このロード スクリプトの Kurtosis() 計算の結果は、次のようになります。

Type MyKurtosis1 MyKurtosis2

Comparison -1.1612957 -1.4982366

Observation -1.1148768 -0.93540144