inputsum

inputsum()は、チャート軸で反復処理されたinputfieldの集計された合計を返します。inputfieldは、スクリプトで入力フィールドとして正しく宣言された項目の項目名にする必要があります。

構文:  

inputsum(inputfield [, distribution_mode][set_expression])

この集計関数をテーブル チャートの数式として使用する場合は、集計された合計を対話式に編集することができます。数式のセル上にポインタを置くと、入力アイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、そのセルは入力編集モードに設定されます。上/下矢印キーを使用して、入力編集モードのままでセル間を移動できます。集計された合計の変更は、選択されたdistribution_modeを使用して、基底の項目に配布されます。QlikViewドキュメント全体は、新しい値が入力されるたびに自動的に再計算されます。

distribution_modeパラメータには、次の値を含めることができます。

パラメータ 説明
'+' デフォルト モード。変更に相当する部分がすべての基底の値に分配されます。
'*' 変更が (既存の値に対する) 比例的に基底の値に分配されます。
'=' 入力された値がすべての基底の値に与えられます。
'/'

前の分配は無視されますが、前の合計を保持しながら、値が基底の値の間で均等に分割されます。

前述の distribution_modeの値には、次の修飾子を追加できます。

変更 説明
T たとえば、'+T' は、入力フィールドの他の選択値に対して、入力された変更を埋め合わせます (全合計はそのままです)。
A たとえば、'+A' は、他のすべての値に対して、入力された変更を埋め合わせます (全合計はそのままです)。

例:  

inputsum (Budget )

inputsum (Budget, '+' )

inputsum (Budget, '*' )

inputsum (Budget, '=' )

inputsum (Budget, '/' )

inputsum (Budget, '+T' )

inputsum (Budget, '+A' )

 

参照項目: