IsNull - スクリプトおよびチャート関数

IsNull関数は、数式の値が NULL かどうかを検定します。NULL の場合は -1 (True)、NULL でない場合は 0 (False) を返します。

構文:  

IsNull(expr )

注: 長さ 0 の文字列は NULLとみなされず、IsNullFalse を返します。

例: ロード スクリプト

この例では、4 つの行を持つインライン テーブルがロードされ、その最初の 3 行の Value列は、空になっているか、- または'NULL' になっています。真ん中の先行する LOADNull 関数を使って、これらの値を実際の NULL 値表現に変換します。

1 つ目の先行する LOADでは、値が NULL かどうかをチェックする項目を IsNull 関数を使って追加しています。

NullsDetectedAndConverted: LOAD *, If(IsNull(ValueNullConv), 'T', 'F') as IsItNull; LOAD *, If(len(trim(Value))= 0 or Value='NULL' or Value='-', Null(), Value ) as ValueNullConv; LOAD * Inline [ID, Value 0, 1,NULL 2,- 3,Value];

この結果、テーブルは次のようになります。ValueNullConv列では、NULL 値が - で表されています。

ID Value ValueNullConv

IsItNull

0   - T
1 NULL - T
2 - - T
3 Value Value F