Peek - スクリプト関数

Peek()は、すでにロードされている行または内部メモリに存在する行に対してテーブルの項目値を算出します。行番号は、テーブルと同様に指定できます。

構文:  

Peek(field_name[, row_no[, table_name ] ] )

戻り値のデータ型: デュアル

引数:  

引数 説明
field_name 戻り値が必要な項目名。入力値は文字列として指定する必要があります (たとえば、引用符で囲まれた文字列)。
row_no

テーブルの行。必要な項目がある行を指定します。数式の場合を指定することもできますが、結果が整数になる必要があります。0は最初のレコード、1 は 2 番目のレコードを示し、以下同様に表されます。負の数は、テーブルの最後から見た順序を表します。-1 は、読み取られた最後のレコードを示します。

rowが指定されていない場合は、-1 として処理されます。

table_name 末尾にコロンが付いていない、テーブルのラベルです。table_nameが指定されていない場合は、現在のテーブルとして処理されます。LOADステートメント以外で使用する、または他のテーブルを参照する場合は、table_name が含まれている必要があります。

制限:  

内部テーブルの最初のレコードの場合は、NULLを返します。