ErrorMode

このエラー変数は、スクリプトの実行中にエラーが発生したときに、QlikViewによって実行されるアクションを定義します。

構文:  

ErrorMode

引数:  

引数 説明
ErrorMode=1 デフォルトの設定。スクリプトの実行が中止され、ユーザーのアクションが要求されます (バッチ モード以外)。
ErrorMode =0 QlikViewはエラーを無視し、スクリプトの次のステートメントから、スクリプトの実行を続行します。
ErrorMode =2

QlikViewは、エラーの発生直後に "Execution of script failed...(スクリプトの実行失敗)" というエラー メッセージを表示します。ユーザーに要求されるアクションはありません。

例:  

set ErrorMode=0;

参照項目: