pick - スクリプトおよびチャート関数

pick 関数は、リストの n番目の数式を返します。

構文:  

pick(n, expr1[ , expr2,...exprN])

引数:  

引数 説明
n nは 1 から N の間の整数です。