レポート編集: [アイテム設定] ダイアログ

このダイアログでは、ページ プレビュー パネルで現在選択されている印刷アイテム (オブジェクト) に関する設定が表示されます。ダイアログは 2 ページあります。

基本設定

基本設定ページには、ページ プレビュー パネルで現在選択されている印刷アイテムに関する設定が含まれます

オブジェクト ID 印刷するシート オブジェクトのシート オブジェクト ID。
プロパティ 印刷アイテムに関連付けられたシート オブジェクトの [プロパティ] ダイアログを開きます。このダイアログで行った変更は、実際のシート オブジェクトに適用され、レポート印刷の結果に反映されます。
縮小/拡大 このコントロールは、単式ページのオブジェクトにのみ使用できます。ここで、印刷オブジェクトをそれに割り当てられた四角形内に収めるためのサイズを選択できます。
拡大/縮小なし 印刷オブジェクトのサイズを変更しません。印刷オブジェクトがプレースホルダの四角形に対して大きすぎる場合は、印刷オブジェクトが切り捨てられます。小さすぎる場合は、印刷オブジェクトの周囲が空白になります。
塗りつぶし プレースホルダの四角形に合わせるように印刷オブジェクトのサイズを変更します。
縦横比を固定して塗りつぶし 元のシート オブジェクトの割合を維持しながら、プレースホルダの四角形に収まるように印刷オブジェクトのサイズを変更します。
枠線の使用 通常、印刷オブジェクトはフレームまたは境界線なしでページに印刷されます。このチェック ボックスをオンにすると、オブジェクトの周囲に境界線を付けることができます。
フレームの色 境界線の色を選択するには、このボタンを押します。
フレームの幅 ここで、境界線の幅を指定できます。

位置

位置 ページには、印刷可能領域におけるオブジェクトの位置とサイズの設定が含まれます。

左端に対する現在の選択アイテムの位置を設定します。0 は印刷可能領域の左端を示します。
前面 上端に対する現在の選択アイテムの位置を設定します。0 は印刷可能領域の上端を示します。
印刷可能領域の幅を 1000 とした現在の選択アイテムの位置を設定します。
高さ 印刷可能領域の高さを 1000 とした現在の選択アイテムの位置を設定します。
Z レベル 現在選択されているアイテムのレイアーを設定します。重なる場合、一番低いレベル (1) のアイテムが先に印刷され、次に、次のレイヤーが印刷されます。