クロス集計での作業

クロス集計は、ヘッダー データが直交する 2 つのリストに値のマトリックスを持つ一般的なテーブルの種類で、次のようなテーブルになります。

例1:  

Year Jan Feb Mar Apr May Jun
2008 45 65 78 12 78 22
2009 11 23 22 22 45 85
2010 65 56 22 79 12 56
2011 45 24 32 78 55 15
2012 45 56 35 78 68 82

このテーブルを単純に QlikViewにロードすると、Year (年) に 1 つ、そして各月に 1 つずつ項目が生成されます。ただし、通常はこのようなテーブルではデータを適切に管理できません。おそらく、各ヘッダー カテゴリ (Yearおよび Month) に対して 1 つずつ、そしてマトリックス内のデータ値用に 1 つの合計 3 項目を生成する方が合理的です。

それには LOADまたは SELECT ステートメントに crosstable プレフィックスを追加します。

crosstable (Month, Sales) LOAD * from ex1.xlsx;

その結果、QlikViewで読み込んだ際に次のようになります

クロス集計では、いくつか行見出しとなる列を表示することがあります。これらの列は、直接的な方法で読み取ります。この場合、行見出し列は Yearの 1 つだけです。

例2:  

Salesman Year Jan Feb Mar Apr May Jun
A 2008 45 65 78 12 78 22
A 2009 11 23 22 22 45 85
A 2010 65 56 22 79 12 56
A 2011 45 24 32 78 55 15
A 2012 45 56 35 78 68 82
B 2008 57 77 90 24 90 34
B 2009 23 35 34 34 57 97
B 2010 77 68 34 91 24 68
B 2011 57 36 44 90 67 27
B 2012 57 68 47 90 80 94

この場合は、左側に 2 つの行見出し列があり、その後にマトリックス列が続きます。行見出し列の数は、次のように crosstableプレフィックスの 3 番目のパラメータとして指定できます。

crosstable (Month, Sales, 2) LOAD * from ex2.xlsx;

その結果、QlikViewで読み込んだ際に次のようになります

参照項目: