循環参照の把握

データ構造に循環参照 (「ループ」) が存在する場合、テーブルは 2 つの項目間に複数の関連付けパスが存在するように関連付けられます。

このようなデータ構造は、データの解釈にあいまいさが生じるため、できる限り避ける必要があります。

QlikViewは、疎結合テーブルを使用してループを壊すことにより、循環参照の問題を解決します。QlikViewがロード スクリプトの実行中に循環データ構造を見つけると、警告ダイアログが表示され、1 つ以上のテーブルが疎結合として設定されます。通常、QlikViewは、ループ内の最も長いテーブルを疎結合しようとします。多くの場合、トランザクション テーブルが最も長いため、通常はこのテーブルが疎結合されます。テーブル ビューアーでは、疎結合テーブルは、他のテーブルと赤い点線でリンクされています。

例:  

次の情報を含む 3 つのテーブルからデータがロードされます。

  • 国代表サッカー チームの名前
  • 地方のサッカー クラブ
  • ヨーロッパ諸国の都市
ソース データ テーブルの外観

このデータ構造は、項目名Teamが国代表チームと地方クラブの 2 つの異なる目的で使用されているため、あまりよくありません。テーブル内のデータで非現実的なロジック状況が発生します。

テーブルを QlikViewにロードする際、QlikView はどのデータ接続が最も重要でないかを判定し、このテーブルを疎結合にします。

テーブル ビューアーを選択して、QlikView がデータ接続の関連性をどのように解釈しているかを確認します。

これで、所在する都市と国が含まれているテーブルが、異なる国の代表チームのテーブルと異なる都市の地方クラブのテーブルに対して疎結合になります。