レイアウト

レイアウトの設定をオブジェクトのプロパティ ページから行うと、そのオブジェクトにのみ適用されます。
レイアウトの設定をドキュメントのプロパティ ページから行うと、ドキュメントで指定された種類のオブジェクトすべてに適用されます。

枠線の使用

シート オブジェクトの周囲に枠線を表示するには、このチェック ボックスをオンにします。ドロップダウン メニューから選択して、枠線の種類を指定します。

影の強度 影の強度ドロップダウン メニューで、シート オブジェクトの周りの影の強度を設定できます。影なしの選択肢もあります。
枠線のスタイル 既定の枠線は次のとおりです。
固定
単色の固定の枠線。
くぼみ
シート オブジェクトが背景からくぼんでいるように見える枠線。
浮き彫り
シート オブジェクトが背景から浮き上がっているように見える枠線。

シート オブジェクトの周囲に壁があるように見える枠線。
枠線の幅 このオプションは、すべての種類の枠線で有効です。幅は、mm、cm、インチ ("、inch)、ピクセル (px、pxl、pixel)、ポイント (pt、pts、point)、または docunits (du、docunit) で指定できます。
このボタンをクリックするとダイアログが開き、すべての種類の枠線に適用される基本色をカラー パレットから選択できます。
カラフル すべての種類の枠線を虹色の枠線にします。虹は、シート オブジェクトの上部で選択した基本色で始まります。

ドキュメント プロパティ: 基本設定スタイルのモード簡易設定 が選択されている場合、枠線の種類は選択できません。設定できるのは 影の強度 のドロップダウン メニューと 枠線の幅 のみとなります。

角を丸くする

角を丸くするグループでは、シート オブジェクトの基本の形を設定できます。これらの設定により、シート オブジェクトを円形/楕円形から長方形までの範囲で描くことができます。角を丸くする を使用できるのは、ドキュメント プロパティ: 基本設定スタイルのモード詳細設定 が選択されている場合のみです。

角を丸くする このチェックボックスをオンにすると、角の形を丸くするオプションを設定できるようになります。
角の位置 チェック ボックスをオフにした角は直角に描画されます。
鋭度 2 から 100 の間の数値を設定でき、数値 100 を定義すると直角、数値 2 は完全な楕円 (縦横比が 1:1 の場合は円) に相当します。丸い角には、鋭度 2 から 5 が通常最適な数値です。
角の丸み この設定は、固定の距離 (固定)または四分円全体に対するパーセンテージ (相対値(%)) で、角の半径を決定します。この設定により、鋭度で設定した基になる基本図形が角に影響を与える程度を制御できます。距離は、mm、cm、インチ ("、inch)、ピクセル (px、pxl、pixel)、ポイント (pt、pts、point)、または docunits (du、docunit) で指定できます。

レイヤー

レイヤー グループでは、オブジェクトを 3 つのレイヤーのいずれかを割り当てることができます。

背面 背面レイヤー プロパティのシート オブジェクトは、標準位置レイヤーと前面レイヤーにあるシート オブジェクトを覆うことはできません。背面レイヤーにある他のシート オブジェクトの上にのみ配置できます。
標準 シート オブジェクトは、作成されると、標準位置 (中央) のレイヤーに置かれます。標準位置レイヤーにあるシート オブジェクトは、背面レイヤーのシート オブジェクトで覆われることはありませんし、前面レイヤーのシート オブジェクトを覆うこともできません。
Top 前面レイヤー プロパティのシート オブジェクトは、標準位置レイヤーと背面レイヤーにあるシート オブジェクトによって覆われることはありません。その上に配置できるのは、前面レイヤーにある他のシート オブジェクトだけです。
カスタム 前面標準位置、および背面レイヤーは、内部的に番号が振られたレイヤー 1、0、-1 にそれぞれ対応しています。実際には、-128 ~ 127 の間のすべての値が使用できます。選択した値を入力する場合は、このオプションを選択します。

テーマの作成

[テーマ作成] ウィザードを開くと、レイアウト テーマを作成できます。

テーマの適用

オブジェクト、シート、ドキュメントにレイアウト テーマを適用できます。

参照項目: レイアウト テーマ

表示

表示 グループでは、シート オブジェクトを表示する条件を指定できます。

常に表示 シート オブジェクトは常に表示されます。
条件付き表示

シート オブジェクトは、選択などで継続的に評価される条件付き関数に基づいて表示/非表示にされます。シート オブジェクトは、その条件が TRUE を返す場合にのみ表示されます。

参照項目: 条件分岐関数

注:

ドキュメントの管理権限を持つユーザーは、ドキュメント プロパティ: セキュリティすべてのシートとシート オブジェクトを表示 を選択すると、すべての表示条件を無視してこの設定を適用できます。 CTRL+SHIFT+S を押して、この機能を切り替えることができます。

参照項目: ドキュメント プロパティ:セキュリティ

オプション

オプション グループでは、シート オブジェクトの移動/サイズ変更を禁止できます。このグループの設定は、ドキュメント プロパティ: レイアウトシート プロパティ: セキュリティ で該当のチェック ボックスをオンにしてある場合のみ有効です。

移動/サイズ変更を許可する このチェック ボックスをオフにすると、シート オブジェクトを移動またはサイズ変更できなくなります。
コピー/複製を許可する このチェック ボックスをオフにすると、シート オブジェクトのコピーを作成できなくなります。
INFO を許可する

info 関数が使用されると、項目値がそれに連結する情報を持っている場合に INFO アイコンがウィンドウのキャプションに表示されます。キャプションに INFO アイコン を表示したくない場合は、このチェックボックスをオフにします。

参照項目: Info

データにサイズを合わす 通常、選択によってテーブルのサイズがシート オブジェクトに割り当てられたサイズより小さくなった場合は、QlikView のすべてのテーブル シート オブジェクトを囲む枠線が縮小します。このチェック ボックスをオフにすると、このサイズの自動調整はオフになり、余分な領域は空白のままになります。

スクロール バー

スクロール バー グループには、スクロール バーのレイアウトを変更するコントロールがあります。

スクロール バーの位置を保持する

この設定が有効の場合、QlikView は、他のオブジェクトで選択が行われたときに、スクロール バーが設定されているテーブルやチャートのスクロールの位置を保持しようとします。この設定は ユーザー プロパティ: オブジェクト でも有効にする必要があります。

ドキュメントを閉じると、スクロールの位置は保持されません。

スクロール ボタン スクロール ボタンの色を設定します。ボタンをクリックして色を選択します。スクロール バーは、薄い灰色で描画するとよい結果が得られます。色は、ボタンをクリックすると表示される [色の設定] ダイアログで、単色またはグラデーションとして定義できます。
スクロール バーの幅 このコントロールは、スクロール バーのシンボルの幅と相対的なサイズの両方に影響します。
スクロールのスタイル スクロール バーのスタイルを設定します。ドロップダウン コントロールでスタイルを選択します。クラシック スクロール バー スタイルは、QlikView の 4/5 スクロール バーに対応します。標準スクロール バー スタイルは、最新の外観になります。3 つ目のスタイル、ライトは細く、ライトなスクロールバーです。
適用するオブジェクト キャプションと枠線のプロパティ ダイアログを開きます。ここでは、レイアウト ページで設定されたプロパティを適用する場所を設定できます。