ファイル ウィザード:種類 - 固定長レコード

ヘッダー サイズ ここでは、ファイルのヘッダー部分、つまり指定した行数または一定のバイト数を省略するかどうかを選択できます (区切りファイル、固定長レコード ファイル、および Excel ファイルのみ)。
レコード サイズ レコードのサイズに、特定の行数またはバイト数を指定します (固定長レコード ファイルのみ)。
文字セット テーブル ファイルの文字セットはここで設定します。設定したい文字セットがドロップダウン メニューに無い場合、カスタム を選択します。これによってコードページの選択ダイアログが開き、コンピュータにインストールされた文字セットから選択することが可能です。
EOF を無視 場合によっては、ファイルの終わりをマークするのに特殊文字が使用されることもあります。この文字がテキスト ファイルの途中で見られた場合 (例: 引用符で囲まれているなど) は、このオプションを有効にして無視することができます。
タブ サイズ タブの長さにスペースを組込みます。
先頭行 ラベルを組み込みます。テーブルの 1 行目に項目名が保存されている場合に使用します。
固定位置を解析 固定長レコード ファイルと一部の HTML テーブルの列幅を解析して設定します。解析後、プレビュー パネルで列区切り位置の追加や削除を行うことができます。
固定位置を解除 すべての列区切り位置をクリアします (固定長レコード ファイルと一部の HTML テーブル)。