[編集] メニュー

[編集] メニューは画面上にあるドロップダウン メニューで、以下のコマンドが含まれます。

レイアウト変更を元に戻す シート オブジェクトの移動、サイズ変更、削除、およびシート オブジェクト プロパティの変更を含む最後に行ったレイアウト変更を元に戻します。シートの削除、シート プロパティの変更、ドキュメント プロパティの変更も元に戻すことができます。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+Z。
レイアウト変更のやり直し 直前に元に戻したレイアウト操作をやり直します。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+Y。
切り取り QlikView ドキュメントの他の場所に貼り付けるために、選択したシート オブジェクトを切り取って クリップボード にコピーします。アクティブなシート オブジェクトが 1 つだけの場合、そのオブジェクトのイメージ (他のプログラムにも貼り付けできる) も クリップボード に格納されます。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+X。
コピー QlikView ドキュメントの他の場所に貼り付けるために、選択したシート オブジェクトを クリップボード にコピーします。アクティブなシート オブジェクトが 1 つだけの場合、そのオブジェクトのイメージ (他のプログラムにも貼り付けできる) も クリップボード に格納されます。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+C。
貼り付け Clipboard から 1 つ以上のシート オブジェクトを QlikView ドキュメントに貼り付けます。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+V。
書式のコピー/貼り付け 1 つのシート オブジェクトから別のシート オブジェクトに書式をコピーできます。
削除 選択したシート オブジェクトを削除します。削除を実行する前にこのコマンドの実行を確認するメッセージがユーザーに表示されます。
すべて選択 シート上にあるすべてのシート オブジェクトをアクティブにします。同様の結果を得るには、アクティブにするシート オブジェクトの周りを四角にクリック アンド ドラッグする、もしくは SHIFT キーを押しながらクリックする方法があります。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+A。
検索 検索可能なシート オブジェクト (リスト ボックスや開かれているマルチ ボックス) がアクティブな場合、[テキスト検索] ボックスが開きます。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+F。
あいまい検索 検索可能なシート オブジェクトがアクティブな場合、テキスト検索ボックスをあいまい検索モードで開きます。
高度な検索 リスト ボックスまたは開かれているマルチ ボックスがアクティブな場合、[高度な検索] ダイアログを開きます。このダイアログで、詳細な検索式を入力できます。 このコマンドは、次のキーボード ショートカットで呼び出すこともできます: CTRL+SHIFT+F。
コピー モード 論理モードからコピー モードに切り替えます。コピー モードでは、クリックされた値は、QlikView の論理状態を変更せずに クリップボード にコピーされます。コピー モードを選択すると、[クリップボード コピー リスト] ダイアログが開きます。このダイアログでは、コピーされた項目が表示されます。コピー リストの書式もここで設定できます。