モジュールの編集

モジュールの編集 ダイアログを使用して、VBScript または JScript でマクロやカスタム定義関数を記述できます。モジュールは、ドキュメントと共に保存されます。

次のコマンドを使用できます。

ファイル メニューの モジュール ファイルにエクスポート コマンドを選択すると、スクリプトをファイルとして保存できます。スクリプトを [印刷] するオプションもあります。

編集 メニューには、 元に戻すやり直しコピー切り取り貼り付けクリアすべて選択検索/置換 などの共通のオプションがあります。以前に保存したスクリプト ファイルをインポートするための [ファイルの挿入] オプションもあります。コメント設定コマンドを使用してスクリプトのテキスト行をコメントに変換し、コメント解除コマンドを使用して設定を元に戻します。

(マクロの編集ボックス) 大きな編集ボックスは、マクロを入力する場所です。すべてのマクロは、対応する sub .. end subの間にサブルーチンとして記述する必要があります。
(エントリ ポイントのリスト) エントリ ポイントがスクリプト エンジンに認識されるとすぐに、左の小さなテキスト ボックスのリストに表示されます。このリストからエントリ ポイントを選択することもできます。
(メッセージ) マクロの編集ボックスの上の小さなボックスにエラー メッセージの現在の状態が表示されます。
構文チェック サブルーチンを記述したら、このボタンをクリックして構文をチェックします。
行指定 [エントリ ポイントのリスト] でエントリ ポイントを強調表示し、 [行指定] ボタンをクリックすると、 [マクロの編集ボックス] にあるその位置に移動できます。
テスト エントリ ポイントを選択して テスト ボタンをクリックすると、マクロをテストできます。エラーは、メッセージ ボックスに表示されます。
スクリプト エンジン VBScript または JScript を選択します。
モジュール セキュリティの設定 [セーフ モード] を指定することで、この QlikView ドキュメントのマクロには、 QlikView の外部のシステムまたはアプリケーションにアクセスできるコードが含まれていないことを示します。[セーフ モード] として宣言されたドキュメント内のマクロの実行中にこのようなコードが検出された場合は、マクロの実行が失敗します。
一方、[システム アクセス] モードを指定した場合は、エンド ユーザーがドキュメントを開くときにプロンプトが表示され、システム アクセスを許可するか ([システムアクセスを許可する]) 、ドキュメントのマクロをすべて無効にするか ([マクロを無効にする])、またはシステム アクセスなしのマクロのみを許可するか ([セーフ モード]) を指定できます。
現在のローカル セキュリティ [セーフ モード] と宣言されているけれども "安全ではない" 可能性のあるマクロを含むドキュメントを開くと、プロンプトが表示されます。 (上の [モジュール セキュリティの設定] を参照してください。)ユーザーの選択はシステムに記録されますが、設定はこのメニューから後で変更することができます。マクロ セキュリティ レベルとして、実行しないセーフ モードのみまたはシステム アクセスを許可するを設定できます。

参照項目: 内部マクロ インタープリタ

注: これは、とても簡単な QlikView スクリプト エンジンの手引きです。VBScript や JScript をさらに理解するには、それぞれのハンドブックを参照してください。