ドキュメント プロパティ:プレゼンテーション

このプロパティ ページでは、リスト ボックスやマルチ ボックスの作成時に使用される項目値のデフォルトの表示設定を指定できます。有効な項目が、[項目] グループに表示されます。

マルチ ボックスとリスト ボックスの設定 グループには、サブグループの 配置セルの折り返し設定 および 設定 があります。検索モードの設定では、テキスト検索で使用するデフォルトの検索モードを指定します。

新規オブジェクトのテーマ設定 ここでは、QlikView のテーマを選択でき、ドキュメント内で新規に作成するすべてのシートとシート オブジェクトに適用されます。選択したテーマを使用するためには、選択したテーマが常にディスクからアクセスできる必要があります。使用するテーマが、QlikView ドキュメントで発生する可能性のあるすべてのタイプのオブジェクトに対して定義されていることも重要です。
テーマのファイルがデフォルトの QlikView テーマ カタログ以外の場所にある場合に備えて、ドロップダウン リストの最下部に参照コマンドがあります。デフォルトのテーマを使用しない場合は、新規のシート オブジェクトは最後に作成または変更されたオブジェクトのプロパティを継承します。
配置 項目値の初期配置は、 テキスト数値 を別々に設定できます。初期設定では、テキスト値は左揃えに、数値は右揃えに設定されています。
セルの折り返し設定 折り返し チェック ボックスをオンにすると、セル (項目値) の内容 (テキスト) は 2 行以上に折り返されます。
セルの高さ (行) 編集ボックスで、セルの行数を設定します。
設定 1 行
このチェックボックスをオンにすると 1 列モードになります。
列でソート
複数列で表示する項目値を行ではなく列でソートします。
セルの枠線
このチェックボックスをオンにすると、項目値の間に横線を入れます。
検索モードの設定 前回使用したモード
最後に完了した検索の検索モードが使用されます。
ワイルドカード検索
ワイルドカード検索を容易にするため、カーソルを間に置いた 2 つのワイルドカードが初期検索文字列として表示されます。
標準検索
初期値としての検索文字列は追加されません。ワイルドカードなしに通常の検索が行われます。