Direct Discovery を使用したリスト ボックスおよびテーブル ボックスの作成方法

リスト ボックス

DIMENSION 項目と MEASURE 項目を用いて、リスト ボックスを作成できます。リスト ボックスの数式で MEASURE 項目を使用する場合、aggr() 関数を使用し、DIMENSION 項目で MEASURE 項目の集計値を表示する必要があります。リスト ボックスの DIMENSION 項目を用いて作成された選択は、メモリ内で関連テーブルを作成するために、データベース上に SQL クエリを生成します。

リスト ボックスでは、DETAIL 項目を使用できません。

注:

リスト ボックスは DIMENSION 項目のユニーク値のみを表示するので、リスト ボックスのデータを表示するために QlikView が生成するクエリは、DISTINCT キーワードを使用して、データベースからデータを取得します。ただし一部のデータベースは、クエリに DISTINCT キーワードの代わりに GROUP BY のクラスが含まれている必要があります。GROUP BY を必要とするデータベース由来の Direct Discovery の場合、DirectDistinctSupport の変数を使用して、DIMENSION クエリの既定の動作を変更します。

参照項目: DirectDistinctSupport

テーブル ボックス

テーブル ボックスは Direct Discovery の全項目を表示して、する方法を提供します Direct Discovery 項目を含むレコードのdetailをドリルします。テーブル ボックスは、Direct Query のLoad ステートメントで DETAIL に指定されている項目を使用できる、QlikView オブジェクトのみです。

Direct Discovery 項目がテーブル ボックスで使用されると、表示される列数の制限を設定するために、閾値が設定されます。デフォルトのしきい値は 1000 です。を設定すると、既定の閾値設定を変更できます。 ロード スクリプトの DirectTableBoxListThreshold 変数例:

SET DirectTableBoxListThreshold=5000

閾値の設定は、Direct Discovery 項目を含むテーブル ボックスにのみ適用されます。インメモリ項目のみを含むテーブル ボックスは、DirectTableBoxListThreshold 設定による制約は受けません。

選択が、閾値の制限より少ないレコード数しかない場合、テーブル ボックスにはいずれの項目も表示されません。

Direct Discovery 項目とテーブル ボックスのインメモリ項目は、混在させることができます。Direct Discovery 項目のみを含むテーブル ボックスには、DIMENSION 項目が含まれている必要があります。

Direct Discovery データを用いたテーブル ボックスは、選択した行が同一データを含んでいる場合でも、その選択行をすべて表示します。一方インメモリのデータを用いたテーブル ボックスは、選択した行に同一データが含まれている場合、その選択行の 1 行のみを表示します。