デバッガ

デバッガでロード スクリプトを実行すると、スクリプト エラーの識別がより簡単になります。デバッガでは、すべてのスクリプト ステートメントをモニターし、スクリプト実行中に、変数値を確認できます。

デバッガの上部にあるパネルにスクリプトが表示されます。スクリプト実行の進捗は黄色いカーソルで示されます。ブレイクポイント は、行番号をクリックすると挿入、 もう一度にクリックすると削除できます。[クリア] ボタンをクリックするとすべてのブレイクポイントを削除できます。ブレイクポイントに行き当たると、指示があるまでスクリプトの実行を止めます。

現在実行中のステートメントは、中央のパネルに表示されます。

左下のパネルには、エラーおよびステータス コードが表示されます。これは、基本的にはデバッガ以外でスクリプトが実行される時に [ロード スクリプトの進捗] ダイアログで表示される情報と同じです。

右下のウィンドウには、すべてのスクリプト変数とそれぞれの値を表示します。変更された変数は赤で示されます。

ブレイクポイント 右側のスクリプト ウィンドウで設定されているブレイクポイントはクリアできます。ブレイクポイントは赤い円として表示されます。
クリア
すべてのブレイクポイントをクリアします。
デバッグ このグループには、デバッガでのスクリプトの実行方法を決める設定が含まれます。
開始
これは通常のスクリプト実行です。スクリプトはブレイクポイントに行き当たるまで、または最後まで実行されます。
アニメーション
スクリプトは上記と同じように実行しますが、各ステートメントの後で一時休止します。この方法では、もう少し詳しくスクリプト実行をモニターできます。
ステップ
一度にひとつのスクリプト ステートメントを実行します。
ロード レコード数の制限 下のボックスに数値を入力します。入力した数値は、各 loadselect ステートメントで許可される最大レコード数です。これは、生データを使用してスクリプトをテストする場合、実行時間を制限するとても有効な手段です。
ヘルプ QlikView ヘルプを開きます。
ここで中止 デバッガ を閉じます。それまでにロードされたデータは保持されます。
キャンセル スクリプト実行を中止し、ロードされたすべてのデータを廃棄します。
バッファ $ (include) 経由で参照される外部スクリプト ファイルを示すタブを開きます。
開く
スクリプト ファイルを開くためのダイアログを表示します。ファイルの内容は別のタブの下に表示され、デバッグに使用できます。
閉じる
現在のデバッガのスクリプト タブを閉じます。メイン タブを閉じることはできません。

参照項目: