集計範囲の定義

数式で集計の値を定義するために使用されるレコードは、通常、2 つの要因により決定されます。チャートでの作業時は、次の 2 つの要因があります。

  • 軸の値 (チャート式での集計の場合)
  • 選択

この 2 つの要因によって集計範囲が決まります。計算で選択や軸、またはその両方を無視する必要がある場合、そのような状況に遭遇することがあります。チャート関数では、TOTAL修飾子、set 分析、またはその 2 つの組み合せを使用すると、これを実現できます。

メソッド 説明
TOTAL修飾子

集計関数内で TOTAL 修飾子を利用すると、軸の値が無視されます。

その結果、可能性のあるすべての項目の値について集計が行われます。

TOTAL修飾子の後には、山括弧で囲んだ 1 つ以上の項目名のリストを続けることができます。これらの項目名は、チャート軸の変数のサブセットにする必要があります。この場合、リストされているものを除き、すべてのチャート軸の変数を無視して計算が行われます。つまり、リストされている軸項目の項目値の組み合わせごとに 1 つの値が返されます。また、現在、チャートの軸ではない項目もリストに含めることができます。これは、軸項目が固定されていない場合に、軸をグループ化する場合に役立ちます。グループ内の変数がすべてリストされている場合、この関数はドリルダウン レベルが変更されても機能します。

set 分析 集計で set 分析を使用すると、項目選択が上書きされます。これにより、軸全体で分割されているすべての値について集計が行われます。
TOTAL修飾子と set 分析

集計で TOTAL 修飾子と set 分析を使用すると、項目選択が上書きされ、軸が無視されます。

ALL 修飾子

集計でALL修飾子を使用すると、項目選択と軸が無視されます。 {1}set 分析ステートメントと TOTAL 修飾子で同等の結果を得ることができます。

=sum(All Sales)

=sum({1} Total Sales)

例: TOTAL 修飾子

以下は、TOTAL修飾子を使用した相対的なシェアの計算方法を示した例です。Q2を選択した場合、TOTAL を使用すると軸が無視され、すべての値の合計が計算されます。

Year Quarter Sum(Amount) Sum(TOTAL Amount) Sum(Amount)/Sum(TOTAL Amount)
    3000 3000 100%
2012 Q2 1700 3000 56,7%
2013 Q2 1300 3000 43,3%

例: set 分析

以下は、set 分析を使用した選択前のデータ セット比較方法を示した例です。Q2が選択されたと想定し、set 定義 {1} で set 分析を使用すると、あらゆる値の合計が計算され、項目選択は無視されますが、軸で分割されます。

Year Quarter Sum(Amount) Sum({1} Amount) Sum(Amount)/Sum({1} Amount)
    3000 10800 27,8%
2012 Q1 0 1100 0%
2012 Q3 0 1400 0%
2012 Q4 0 1800 0%
2012 Q2 1700 1700 100%
2013 Q1 0 1000 0%
2013 Q3 0 1100 0%
2013 Q4 0 1400 0%
2013 Q2 1300 1300 100%

例: TOTAL 修飾子と set 分析

以下は、選択前に実施する set 分析とTOTAL修飾子を組み合せたすべての軸のデータ セット比較方法を示した例です。Q2を選択した場合、set 定義 {1] と TOTAL 修飾子の set 分析を使用すると、項目選択と軸は無視され、あらゆる値の合計が計算されます。

Year Quarter Sum(Amount) Sum({1} TOTAL Amount) Sum(Amount)/Sum({1} TOTAL Amount)
    3000 10800 27,8%
2012 Q2 1700 10800 15,7%
2013 Q2 1300 10800 12%

例で使用されているデータ:

AggregationScope:

LOAD * inline [

Year Quarter Amount

2012 Q1 1100

2012 Q2 1700

2012 Q3 1400

2012 Q4 1800

2013 Q1 1000

2013 Q2 1300

2013 Q3 1100

2013 Q4 1400] (delimiter is ' ');