ValueList - チャート関数

ValueList()は、計算軸で使用される場合、合成軸を形成するリストされた値のセットを返します。

注: ValueList関数を用いて作成された合成軸を持つチャートでは、チャート式に同じパラメータを持つ ValueList 関数を再記述することで、特定の数式のセルに対応する軸の値を参照できます。 もちろん、この関数はレイアウト内の任意の場所で使用できますが、合成軸に対して使用する場合を除き、この関数は集計関数内でのみ有効になります。
注: 合成軸は選択に影響されません。

構文:  

ValueList(v1 {,...})

戻り値のデータ型: デュアル

引数:  

引数 説明
v1 静的な値 (通常は文字列、ただし数値も可)。
{,...} オプションの静的値リスト

例と結果:  

結果
ValueList('Number of Orders', 'Average Order Size', 'Total Amount')

例えば、テーブルで軸の作成に使用すると、テーブルの行ラベルとして 3 つの文字列値が生じます。これらの値は数式で参照できます。

=IF( ValueList('Number of Orders', 'Average Order Size', 'Total Amount') = 'Number of Orders', count(SaleID),
IF( ValueList('Number of Orders', 'Average Order Size', 'Total Amount') = 'Average Order Size', avg(Amount), sum(Amount) ))

この数式では、作成された軸から値を取得し、ネストされた IFステートメントで 3 つの集計関数の入力として参照します。

   

例で使用されているデータ:

SalesPeople:

LOAD * INLINE [

SaleID|SalesPerson|Amount|Year

1|1|12|2013

2|1|23|2013

3|1|17|2013

4|2|9|2013

5|2|14|2013

6|2|29|2013

7|2|4|2013

8|1|15|2012

9|1|16|2012

10|2|11|2012

11|2|17|2012

12|2|7|2012

] (delimiter is '|');